netgeek

3

日本の義理チョコ文化にGODIVAが全面広告で異論

腹BLACK 2018年2月1日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

日本独自の義理チョコ文化は一体どこのメーカーが生み出したのか。そもそもバレンタインデー自体が企業の策略なのに、いつの間にか義理チョコという謎文化までつくられていた。

そんな中、GODIVAは非常に勇気ある提案を行った。

日経新聞に全面広告で「義理チョコをやめよう」と呼びかける。どうしてチョコレートメーカーのGODIVAが…?

出典:https://twitter.com/shidaeu/status/958844833413570560

趣旨はこうだ。バレンタインデーは本来、気持ちを伝える日だったのに、いつの間にか女性にとって負担のかかる義務のようなものになってしまった。特に会社ではどの程度の値段のものを誰にまで渡すのか気苦労が絶えない。

ここで改めて原点に立ち返り、本命にだけチョコを渡すようにしたい。これがGODIVAの素敵な提案だ。

この広告はTwitterで絶賛され、大拡散された。受け取る男性側としてもお返しに迷うもので、バレンタインデーは誰しもが面倒に感じるイベントになっていた。

会社によっては義理チョコを禁止するところもある。上層部が宣言することでみんな楽になれるという実態はやはりバレンタインデーのおかしなところかもしれない。

関連のおまけネタ2つ。

(1)チョコのお返しでボロ儲けする女性。質屋の広告。

出典:https://twitter.com/copy_writter/status/699109298232643584

(2)ブラックサンダーの路線は独特。

実はパッケージは年によってデザインを変えている。2018年は女の子受けを狙ったポップ路線か。

あなたの会社では義理チョコ文化があるだろうか?netgeekでアンケートをとったところ、義理チョコ文化に賛成派は3割、反対派は6割ほど。少なからず楽しんでいる人はいるようだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. GODIVAの広告、あたかも女が大変で迷惑に思ってるかのような広告だけど、どう考えても男の方が迷惑に思ってるんだが。

    しょっぼいもの渡されて、ホワイトデーにはそれ以上のものを渡せという無言の圧力。

     
  2. ゴディバって義理の価格帯じゃないからだろ。
    バラまかずに本命だけに絞るならチョコひとつに使える金額が多くなる=ゴディバに流れてくる。
    広告の掲載紙も、他紙の読者よりお金を持ってる読者が多い日経。
    しっかり考えられたマーケティングで、その手法をほめるならわかるけど、「チョコの会社が義理チョコやめようって広告出した。世の中のためになる大英断!」みたいな捉え方は浅いと思う。

     
  3. 2.匿名さんの言うことは尤もだ、とは思う。

    しかし義理チョコを止めようという提言自体は有意義だと思うがね。

    誰しもに本命チョコを渡す相手が居るわけでもないし、この広告で義理チョコを止めた消費者の本命チョコ需要がゴディバに流れてくるとしても、その量はタカが知れてると思う。

    それに広告媒体は高収入層向け日経でも、こうしてツイッターで拡散されている訳だ。
    ゴディバの思惑に関係無いところに迄、義理チョコ反対が浸透いく可能性も有る

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!