netgeek

0

Amazonの梱包、「それは重ねればいい」と話題に

腹BLACK 2018年1月18日
 

Amazonの過剰包装が度々話題になる中、本当に心の底からツッコミたくなるような配送がなされたと写真が公開された。

歌舞伎町でバーを経営する男性による投稿。

▼届いたのは大きな段ボール2つ。

▼中身は洗濯カゴ。そしてもうひとつは…。

▼同じもの。購入者は思わず驚いてしまった。要するにこれは…。

▼重ねて送ればよかったのでは…。

出典:https://twitter.com/AmazonHelp/status/952851086800453632

男性は「重ねろや!」という文章とともにこの画像を公開。投稿はTwitterで3万以上もリツイートされ、大きな注目を集めた。投稿が拡散される中で同じように不可解な梱包を経験したことがあるという人が続々と体験談を話し始めた。

▼時計用の電池(1cm)※バーコードの下に隠れている。

出典:https://twitter.com/unpeco/status/953264003672715264

▼マイクロSDカード

出典:https://twitter.com/Tapercore/status/953449483374804992

Amazonは業務効率化を図るためにあえて無駄を生み出しているということなのだろうか。今や倉庫は人力ではなく、ピッキングロボットがせっせと働いているという。事前にプログラミングされたロボットの仕事なら重ねるという発想がなかったのも納得だ。

その後、Amazonは冒頭の男性にリプライを送り、丁寧な対応をとった。

これに対して投稿者は「きっと以前、重ねて出荷時に問題が起きたのだと思います」と返答。

便利なサービスを提供してくれるAmazonだが、梱包の仕方はまだ改善の余地がありそう。

かつて検索エンジンでは、人力で処理する方法を選んだYahooに対し、アルゴリズムで勝負したGoogleが勝利するということが起きた。特筆すべきはGoogleのアルゴリズムは当初はYahooに負けており、いまいち信用されていなかったという点だ。

10数年かけてアルゴリズムの改善が進み、ウェブ上の情報量が爆発的に増え始めてから結局Googleのやり方が正しかったと証明された。

おそらく倉庫のピッキング業務でも同じことが起きるのではないだろうか。テクノロジーは日進月歩。Amazonはきっと改善策を考えているだろう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!