netgeek

4

「安倍総理に面会を断られた」とゴネるICAN、アポ取りがインチキで当たり屋と判明

腹BLACK 2018年1月17日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)のフィン事務局長が怒涛の勢いで日本を批判し始めた。マスコミもこぞってフィン事務局長に同調し、安倍総理を反平和主義者と批判している。

ICAN「安倍総理が面会を断りやがった!やる気あんのか!」

普通の社会人は面会を断られたからといってわざわざTwitterに書いたりしない。ICANをはじめマスコミは安倍総理が重要な面会申し入れを拒否・無視したとして大々的に報じた。

だが、改めて安倍総理のスケジュールとICANのアポ取りを確認すると非常に急な申し入れで、ICANは断られるのが分かっていたようにも思える。

時系列まとめ。

(1)12月14日、日本政府「安倍総理が1月12〜18日の間、東欧を訪問することになりました」

(2)12月下旬、ICAN「フィン事務局長が日本にいる間(1月14日~16日)、安倍総理と3日間、会談したい。」

(3)外務省「もう予定が入っているので無理です」、内閣府は無視

(4)1月15日、ICAN「安倍総理がアポを断りやがった!世界平和に興味ないのか!」

一国のトップに1ヶ月前にアポを申し込んで受け入れられるとでも思ったのだろうか。いやしかし、ICANとしては断られるのは折り込み済みで、わざと騒ぎを起こすために急にアポ取りをしたと思われる。

マスコミの報道に反して実態は日本政府が拒否したというわけではなく、自作自演で事件を起こしたというのが正確なところだろう。

現在、来日したフィン事務局長は猛烈な勢いで日本を批判している。

なぜ被害者が恫喝されているのか意味が分からない。強い口調でICANへの参加を求めるフィン事務局長、なんだか胡散臭さが半端ない。

▼ICAN(日本版)のTwitterアカウント。フォロワーは少なく、気持ち悪いヘッダー画像が目を引く。

フィン事務局長の主張は理屈がおかしい。日本人は核兵器そのものに不安を覚えているというよりも、北朝鮮という独裁国家が核兵器を持っていることに不安を覚えているのだ。完全に逆だ。

こちらは核兵器禁止条約に参加していない国を塗ったもの(うち核保有国はオレンジ色)。

出典:https://twitter.com/Haru102i/status/953470059208257536

全世界が参加する状況がつくれるならICANに賛同するが、これでは参加した国が損をするだけ。ICANの言うことに素直に従えば、最後には北朝鮮だけが不参加国になり、最も強大な力を手にしてしまう。こんな簡単なことがなぜ分からないのか。

北朝鮮の核問題に言及するフィン事務局長、ではあなたはどうやって北朝鮮を止めるつもりなのか。

具体的な計画もなしに理想論だけを語っている平和ボケ状態。世界平和を目指すのはいいが、やり方が現実的でない。ICANは現在もTwitterでごね続けている。

ICANはまず金正恩を説得してから他国にも核禁止条約の参加を呼びかけるべきだ。順番を間違えると大変なことになる。実際には自分たちは世界平和のためになることは何もできないのに、他人を批判するのはやめてほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. ICANって、広島にも長崎にも行ったことないらしいじゃん。
    要人に会う前に、そういうとこ行けよ。

     
  2. 平和主義者ってパーソナル障害者が多いね。全て自分の思い通りになると思っているのかね

     
  3. 予定が詰まっている安倍総理に、ノーベル平和賞がわざわざ会いに来てやってんだからバルト三国からとんぼ帰りしてこいとか、どんだけなんだ。
    成果を出してからアポ申請して、予約取れてから会いに来い。常識だ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!