netgeek

7

小藪千豊が暴露するメディアの同調圧力「ある司会者は反対意見に露骨に態度を変える」

腹BLACK 2017年12月13日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

お笑いタレントの小藪千豊がメディアに出る立場から納得感のない同調圧力を受けることがあると暴露した。

ある番組の司会者は他人の意見を聞き入れないで番組を進行するのだという。

小藪千豊「有本さんの前では有本さんがAと言っても僕がBだと思うって言っても話(議論)になる。でも(別の番組では)『Aです』に対して僕が『Bです』って言ったら『え、B!?いやぁ…違うと思うけど。CMいきましょか』って。心折れてきますよ…。もうええわ…って」

有本香「だろうね」

「メディアの同調圧力という観点でみると、日本が果たして本当に言論の自由が確立されて多様な意見を認めましょうとなっているのかというのは大事なポイントだと思います」

小藪千豊「でも自由なことを言おうと思えばなんぼでも言えます。言った瞬間、降ろされるのもあるのかな…。MCが嫌な顔しているときはありますけどね(笑)MCはAにもっていきたいからね」

メディアに出る側の人間が同調圧力を受けているのだとすればこれは大問題。出演者がMCに嫌われて番組を降板させられる恐怖に怯えていては自由な発言ができなくなる。

ネット上ではすぐにバイキングで司会を務める坂上忍のことだと多数の声があがった。

坂上忍は確かに他人の意見を聞き入れないタイプではある。小藪千豊が「心が折れる」とまで言った背景には数多くの冷たい仕打ちがあったことは想像に難くない。

netgeek編集部では一つ、坂上忍と小藪千豊の意見が対立する瞬間を捉えた映像を見つけることができた。

加計学園問題で安倍総理を擁護する小藪千豊に対して、坂上忍が冷たい目線を投げかけて軽くあしらう。このような酷い扱いを受け続けたら誰でも自分の意見を発信することに消極的になってしまう。小藪千豊の言っていることがよく分かった。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. 所詮、バラエティ番組。
    自分の好きな事を話すだけでお金が貰える最低な職業「芸するしか能が無い人」の芸能人が何か言っているだけ。気にしない気にしない

     
  2. なんでテレビ各局は坂上忍と言う偏った男を好んで起用するんだろう、決して視聴者に好かれているとは思えない
    テレビ局員は坂上に金でも握らされてるんだろうか、癒着がありそうな気がする
    何にせよ、坂上忍の出演番組は一切見ない、出てたらチャンネルすぐ他にチェンジします

     
  3. 坂上の態度は確かに鼻に付くね。しかし坂上には本当自分の意見なんてものは無いのだと思う。だから余計に腹立たしい。坂上は、プロデューサーだかテレビ局だかは知らんがそれらの操り人形に過ぎない。それこそ忖度してるんだろ。

    だいたい、忘れ去られた子役上がりの半端者が何故ここ数年でいきなり表舞台に返り咲きしてデカい面んの?強力な後ろ盾の威光を笠に着てるのは明らかだろ。

     
  4. って言うか、坂上っていつの間にかそれなりのポジションになっているみたいだけど、何がよくて皆こいつを受け入れているの?一芸に秀でているわけでもない、ヒット曲があるわけでもない、アナウンスがうまいわけでもない。自分は不愉快にさせられるシーンが多く、こいつがでてきたらチャンネルかえるか、そもそもこいつの番組はみないが。何故なんだろう???

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!