netgeek

5

足立康史「あれ?亡命したんじゃなかったの?」小西洋之、一瞬硬直

腹BLACK 2017年11月26日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

みのもんたの「よるバズ!」(AbemaTV)にて足立康史議員が小西洋之議員に強烈な攻撃を仕掛ける場面があった。

足立康史議員の突然の攻撃に小西洋之議員は表情を一変させる。

みのもんた「今日ゲストにお願いする方は『足立康史議員と』って言うと、ずいぶんと断られたらしいんですよ」

アナウンサー「そうなんですよ。もう10人近くの人に断られてしまったんです」

小西洋之「すいません私あの、手違いで…。みのさんの番組なので二つ返事でOKしたんですよ。その後、よく見たら足立さんの名前があってですね…(笑)」

と、ここで足立康史議員が突然強烈なパンチを食らわす!

足立康史「あれ?亡命したんじゃなかったの?」

女性「ハッハッハッ(笑)」

(小西洋之、一瞬硬直)

小西洋之「亡命しても国民のために戦い抜く、という…」

足立康史「また戻ってきたの?日本に」

小西洋之「いや、あの~…。ずっと国会に…」

ズバリと言ってくれた足立康史議員が素晴らしい。小西洋之議員は「亡命しても国民のために戦い抜くという意味だった」と釈明しているが、ただの言い訳にしか聞こえないのが苦しいところ。

さて、ここで小西洋之議員の言い分が本当かどうか検証してみよう。

騒ぎになった4月の投稿。

参考:民進党・小西洋之「共謀罪が成立したら国外に亡命します」←テロリストって自白してるんだが…

小西洋之議員の文章は「共謀罪が成立すると自分は亡命しなければならない」という意味であり、「亡命してでも…」という仮や例えの話ではない。また「国民のために戦う」というニュアンスも含まれておらず、小西洋之議員の後づけの言い訳であることが確定した。

要するに小西洋之議員は後ろめたいことをしており、自分も共謀罪でしょっぴかれる恐れがあるから海外に逃げることを考えないといけないと本音を漏らしただけ。だが実際にはそんな行動力もなく、有言不実行で国民の信頼を失ったのであった。

言い訳は遡ること6月にも投稿されていた。これも意味不明。

参考:亡命宣言の小西ひろゆき、意味不明な説明でなかったことにする

理屈が通らない言い分に納得しない日本国民は一斉に小西洋之議員をバッシングする。このツッコミの嵐を見てほしい。

「共謀罪が成立するととんでもないことになる」と大げさなことを言って日本国民を騙した小西洋之議員。不安を煽った張本人が今もなお日本に住み続けているのはおかしい。

政治の妨害ばかりする小西洋之議員、日本の国益のために早く亡命してほしいものだ。

あわせて読みたい→シーシェパードが撤退を発表「テロ等準備罪のせいで日本で活動できなくなりました」

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. クイズ小西から亡命小西に改名したのか(笑)さっさと日本から出て行けよクズ!

     
  2. というか
    国会議員じゃなくて
    クイズミリオネアver.小西 で司会でもした方が
    国民の為になりそう

    足立議員の暴言は 基本的に無意味な遠吠えではない
    理屈と筋がある
    それを隠蔽しているのが
    テレビニュース

    問題の本質は
    テレビニュースでは絶対に分からない

    ○○○○ということが起こっていますけど
    どうすればよろしいでしょうか?

    一体 何が原因なんでしょうね?

    問題の本質は何だと思いますか?

    そういう 決まり文句があるけど
    絶対に 本質を教えようともしない

    本質が分かると 内容が面白くなくなる
    だから 謎は謎のままが魅力的
    寧ろ 混乱を招くぐらいが ちょうど良い
    という テレビの偏向報道
    それに受信料払うぐらいなら

    無料のネットテレビの方が
    遥かに安いし 賢い選択だと思う

    正直
    1日100円弱(NHK)払って
    歪んだ報道ニュースを見るのと

    無料で真面目に真実を探るニュースを見るの
    どちらが良い?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!