netgeek

7

【加計学園問題】朝日新聞が小川榮太郎‏に謝罪と賠償金を要求

腹BLACK 2017年11月21日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

文芸評論家の小川榮太郎氏が出版した書籍「徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 」をめぐって朝日新聞が抗議に乗り出した。

小川榮太郎‏「朝日からFAXが届いた」

抗議の内容を見た小川榮太郎氏は「個人的には大変な重圧」と吐露しつつも、それでも戦う意思があると表明している。朝日新聞の報道姿勢にどうしても納得いかないところがあるのだろう。同じ抗議文が出版社の飛鳥新社にも届いているとのこと。

その後、朝日新聞がHPにて小川榮太郎‏氏に送付した申入書を公開していることが分かった。本に書かれている内容が事実無根だとして謝罪と賠償金の支払いを求めている。また朝日新聞は具体的にどこが間違っているのか16の項目にわたり、説明を行っている。

▼問題になった書籍。「朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」という過激なタイトルもまた争点の一つになっている。

出典:https://twitter.com/FKJSar2017/status/932862642842091520

▼本を執筆した小川榮太郎‏氏。

▼書籍は大々的に宣伝され、Amazonではベストセラー1位を獲得。レビューでは絶賛する声が殺到していた。

今後は朝日新聞と小川榮太郎‏氏の間で裁判に発展するのかもしれない。同じく朝日新聞から抗議を受け足立康史議員は表現が過激すぎたと認め、謝罪した。ただ、それでも「今後は朝日新聞、廃業しろと言い続ける」と宣言しているが…。

森友・加計学園問題の真相をめぐって朝日新聞の報道が正しかったのかどうか裁判で決着をつけるというのは興味深い。日本中が朝日新聞と小川榮太郎氏の戦いに注目している。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. 朝日新聞的は
    捏造する自由を奪うな!
    自社に都合の悪い事実を
    独自編集して誤魔化しする自由を奪うな!
    との事でしょうかね

     
  2. ただ 余裕そうで 何よりです
    寧ろ 裁判起こされるのを 楽しみにしているのでは?

    朝日新聞の惨めな姿を 記録して下さい
    新しい本のネタになりそうですし

     
  3. 朝日新聞 廃業しろ‼

    朝日新聞の廃業 切望しています
    朝日新聞 消えろ‼
    別に無くても 誰も困りませんから‼

    朝日新聞を
    デリートでも ターミネイトでもして下さい

    あの 世界の粗大ゴミと謳われた朝日新聞←これは嘘です

    それでも 要らない新聞社 それが朝日新聞‼
    朝日新聞を北朝鮮にでも 送って下さい

     
  4. モリカケ問題と○○問題は、朝日新聞がでっち上げた二大報道犯罪。
    歴代の朝日新聞の社長を吊るすまでは絶対に許さん。

     
  5. こういうのを「棚にあげて」というんでしょうね。
    自分達新聞社の事を責められると「表現の自由、言論の自由への制限だ!」と怒り狂うくせに、都合の悪いものが出てくると、個人であっても攻撃する。
    まるで子供ですね。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!