netgeek

4

マナーが悪いのは高齢者 「最近の若者は」ではなく「最近の老人は」

腹BLACK 2017年11月20日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

スーパーでレジのバイトをしている男子大学生が新聞に「高齢者のマナーが悪い」と苦言を呈する読者投稿を行った。その内容に多くの若者が共感し、投稿が拡散されている。

タイトルは「高齢者もマナーを考えて」

出典:https://twitter.com/CybershotTad/status/931473429101813762

「レジでバイトをしていると精算前に飲み食いしてしまう高齢者に度々遭遇する。『最近の若者は』とよく言われるが、高齢者こそマナーを守って欲しい」という意見だ。

同じく飲食店や小売店で接客のアルバイトをする人たちは「その通り!」「年をとるほど態度が横暴になる割合が高い」「年下だからと言って偉そうな態度をとってくる」などと同調する。

ただし中には「アメリカなどの海外では精算前に食べるのはそう珍しくないこと」「海外ではマナー違反ではない」「認知症なのかもしれない」と擁護する意見も。

この論争についてnetgeek編集部ではマナーではなく法的な観点から決着をつけることにした。

legalus「未清算の商品を食べる」を参照すると、4人中4人の弁護士が法律違反にあたると見解を示していた。

(1)小川智史弁護士(神田須田町法律事務所)「窃盗罪にあたる。後払いOKにしてしまうとコンビニの秩序が成り立たなくなる」

(2)大滝和幸弁護士(大滝法律事務所)「所有権侵害で不法行為にあたる」

(3)野間俊美弁護士(野間法律事務所)「窃盗罪。もしくは器物損壊罪」

(4)近藤公人(滋賀第一法律事務所)「刑法で言えば窃盗。民法で言えば不法行為」

海外のルールはともかく、少なくとも日本では違法行為にあたるため、やはり日本のルールに従うべきだろう。問題にならないのは店側の好意で見逃してもらっているから。厳しい対応をとられても法に反した者が文句を言うことはできない。

「最近の若者は」という言葉があるなら「最近の老人は」という表現があってもおかしくない。日本では無条件に年齢が高いほうが目上だとされるが、今や社会の年功序列システムは崩れつつあるわけで、若者ばかりが弱い立場に立たされる時代は終わりつつある。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. 昔からいたとは思うけど、ネットの広がりのおかげなのか自由に声をあげられる時代になりました
    基本的に年上は敬いたいですが、そうはいかない人もいます
    反面教師にしていきたいですね

     
  2. 今の老年って 生まれが大体1950年代前半ぐらいだろ?
    1960年代は 共産主義が猛威を奮って
    革マルとか 赤軍
    それらが出来た時代
    その当時 彼らは学生だから
    参加している可能性が極めて高い
    組織では
    火炎瓶や 五寸釘の付いた竹槍などを使って
    暴力革命を起こそうとしていた

    それが 今の老年人口を作った
    寧ろ この人たちは
    そういう人なのかもしれない

    警察に突き出したら
    もしかしたら 時効過ぎたの指名手配かもしれない

    それと この年代の人間が一人が多いのは
    共産主義思想の弊害が非情に大きい

    親戚の関係も殆どなく
    介護も老老介護で
    ヘルパーやデイサービス以外の宛てが少ないのも特徴

    共産主義思想なら
    家族は自分達を抑圧していると教えられていたはず
    中には 家族を手にかけた人もいるかもしれない

    共産主義の人間なら それは簡単なこと
    北朝鮮の一番偉い人が それを見せてくれた
    VXを使ってね

     
  3. 何事においても「海外では」を持ち出す人間がいるが
    ここは日本で、日本の法律と秩序がある。
    海外は、その自由さのおかげで売り場が荒れる、
    万引きが普通に横行するといった被害も出ている。
    その常識を日本に持ち込めばどんなことになるか、考えると恐ろしい。
    日本が安心して暮らせるのは日本の法律があるからだ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!