netgeek

2

猫があなたを愛していると送る9つのサイン

腹BLACK 2017年11月19日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

猫は犬に比べて感情を表しにくい動物だと言われることがある。だが、猫はきちんと飼い主に対して愛情を行動で示し、メッセージを送っている。

猫があなたを愛していることを表すサインをまとめてみた。

1.プレゼントを持ってくる。

ネズミや鳩が家の中に置かれていたらびっくりするかもしれないが、ハンターである猫にとってGETした獲物をプレゼントするのは愛情がある相手のみ。プレゼントを受け取ったら猫には感謝の気持ちを伝えよう。

2.お腹を見せてくる。

基本的に動物は警戒している相手にはお腹を見せない。猫があなたの前でお腹を見せるということは安心しきっている証拠。警戒心なくリラックスできるというのは選ばれた相手にしかできないことだ。

3.頭をぶつけてくる。

人間からすれば攻撃に思えるかもしれないが、頭突きをするのは顔の表面のフェロモンをつける行為。猫は仲間内にしかやらない。

4.甘噛してくる。

指を軽く噛むのは愛情ある証拠。ちゃんと痛くないよう加減できるということを示している。

5.側にいようとする。

足にまとわりついてきたり、歩いてもついてくるのは猫があなたのことを愛しているから。純粋にずっと一緒にいたいのだ。

6.前足でマッサージしてくれる。

本来は母親を相手にする仕草をあなたにするということは甘えている証拠。ピザ生地をこねるようにマッサージするのは信頼している相手だけ。

7.尻尾の先端をピクッと動かす。

猫のしっぽは感情のセンサーだ。尻尾をゆったりと持ち上げて先端だけを動かすのは「好き」の合図。

8.喉を鳴らす。

喉をゴロゴロ鳴らすのは幸せを感じているとき。あなたに特別な感情を抱いているに違いない。

9.目をあわせてゆっくりまばたきする。

飼い主のほうをじっと見てゆっくりとまばたきを繰り返すのは敵意がない証拠。まばたきはキスだと思ってほしい。人間も猫を見つめたままゆっくりとまばたきすると愛情が伝えられる。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 喉をゴロゴロ鳴らすのは、要求音でもある
    体調が悪い、タスケテって言ってる場合もありうるので要注意だ
    (これは猫の個性にもよる)

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!