netgeek

4

某新聞記者「『安倍総理は無罪』と書くとデスクに握りつぶされる。『うちは安倍批判でいくんだから!』と」

腹BLACK 2017年11月17日
 

ジャーナリストの須田慎一郎氏が某新聞記者から偏向報道が起きる内情を聞いたと暴露した。

動画(音声あり)。

須田慎一郎「私もね、こういう経験したことあるんですよ。取材した結果、『森友学園が火を吹いていた段階で、忖度だとか安倍さんが指示を与えたということは一切ない。そもそも土地の値段を高く設定しすぎたところに原因がある』と論を立てた。いや論というより取材した結果がそうだったんですけどね。すると森友学園に批判的な大新聞の記者が僕に連絡してきて、いや~須田さん、うちでもそういう記事を掲載したいんだけど、デスクがそれを握りつぶす。『うちは安倍批判でいくんだからお前が取材してきた結果を載せることはできない』と。だから須田さん、私が取材してきたデータを全部使ってくださいって言って提供してくる。そういうことまで今起こっている。聞くところによると朝日新聞の中でも一部の社員が今の朝日のスタンスはおかしいじゃないかと会社に意見書を出した。社内でそういった動きも起こっているようなんですね」

阿比留瑠比「そうでしょうね。それは森友学園ですけど、加計学園にしても、こんなもの中身は全くない。フェイクであると朝日新聞の記者でもある程度分かっている人は分かっていると思うんですね」

須田慎一郎「情報の受け手としてはどうしたらいいですかね?」

阿比留瑠比「心眼を見抜く力も必要ですけど…。複数紙とるのはお金が大変でしょうからインターネットを活用してもらうしかないかなと思いますね」

▼今回、暴露話をしてくれた須田慎一郎氏。

須田慎一郎氏が暴露した某新聞の内部事情。一体どこの新聞なのかが気になる。はじめは「森友学園に批判的な大新聞」と名前は伏せておいて後からポロッと朝日新聞と言ってしまったようにも思えるのだが、これは別の話なのだろうか…。

複数の関係者が安倍総理の潔白を証言しているのに対し、野党とマスコミは何一つ証拠を出せていない。

おそらくデスクもすでに自分が間違っていたと気づいているのだろう。しかしスクープを出した責任があるし、ここで引き下がると負けを認めることになってしまう。だから部下の記者に圧力をかけてまで偏向報道を続けるのだ。こうなればデスクより上の立場の人間が間違いを是正しないといけないのに、何ら改善がみられない。

どこの新聞社かは分からないがきっとあそこだと思う。

あわせて読みたい→【炎上】朝日新聞幹部「加計学園問題は朝日が潰れるか、安倍政権が倒れるかの勝負」

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. お昼のゴゴスマという番組で、
    モリカケ問題で安倍首相を批判する希望の玉木や立憲の福山たち野党議員を、維新の足立議員が「犯罪者だ!」と批判してたが、
    それを政治評論家の伊藤敦夫が批判してた。
    「ネトウヨが足立議員を応援してるんですよね。困ったもんです」みたいな事言ってた。
    伊藤、お前潰してやるからな。(`皿´)

     
  2. 食品など産地偽装や食中毒事件が発生したら行政は営業停止処分にするように、
    テレビや新聞も捏造報道や中立性の欠く大衆誘導するような放送をしたならば、行政処分として停波や発禁させるべき。

     
  3. 誠実な人間で生きていくなら

    朝日新聞 毎日新聞 しんぶん赤旗は
    就職するべきではない

    自分の誠実さは殺されるし
    会社に対して 忠実でなければならない
    給料が良くても
    そこに生き甲斐がなければ
    虚しい人生になる

    後で年老いた時に 気付くけど
    それでは遅い
    むしろ 気付かずに死んだ方が良いのかもしれない
    あの世で逆怨みされたら 大変だけど

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!