netgeek

3

リベラルの意味を調べたら、日本の自称リベラルは全員偽物ということが確定

腹BLACK 2017年11月8日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

本来「自由主義」を意味するリベラルという言葉が政治の派閥を表す意味で使われるようになり、いつの間にか誰も正確な意味が理解できなくなっていた。

ここで改めてリベラルの意味を確認した動画を紹介しておきたい。

藤井厳喜「オックスフォード大学の一番権威がある英語辞書だとリベラルの定義っていうのは相手の意見に寛容であること。違った意見に対して寛容であること」

(スタジオ騒然。驚きの声が広がる)

上念司「じゃあもう日本のリベラルって言ってる奴らは全員アウトですね。○○とか言っている奴らですからね。無理ですねそんな奴ら」

筆坂秀世「だからマルクス主義を掲げてる共産党がリベラルって事はあり得ないんですよ。多様性なんか認めないわけだからね」

試しにnetgeek編集部でOxford Dictionariesを使って調べてみたところ、やはり同じ意味がヒットした。

liberal:Willing to respect or accept behaviour or opinions different from one’s own; open to new ideas.

「自分とは違う意見や行動を進んで受け入れたり、敬意を払ったりすること。新しい考えに寛容であること」

日本の政治家・政治団体でそこまで懐の深いところは存在しないのでリベラル派は皆無と言えよう。あえて言うなら一般人にリベラルな人がいるかもしれないという程度。これまでリベラルを自称してきた政治家は全てインチキの偽物だということが判明した。

思い出されるのは池上彰の解説だ。

池上彰は日本でリベラルを名乗っている人は要するに左翼なのだとばっさりと切り捨てた。立憲民主党の枝野幸男代表がリベラルを自称しているのも偽物で確定。リベラルを名乗っている者たちが意味を理解しないまま矛盾する言行をとっていたというのは非常に滑稽だ。

これより前、netgeekでは東大生の問題提起を取り上げたことがあった。

参考:自民党支持の東大生「愛国心には右も左もないのに国が好きと言った瞬間に右翼だと言われてしまう」

なぜか日本では愛国心を表すとすぐに「右翼」「ネトウヨ」と言われてしまう。愛国心と政治的信念は無関係なのに、左翼の反日連中が曲解してバッシングしてくるのは良くない風潮だ。そしてその左翼はリベラルという呼び名を盾に使っていた。

端的に言えば日本の自称リベラルは左翼の反日集団と見て間違いない。立憲民主党や共産党の人間が今後、リベラルを名乗ったらそう置き換えて解釈してほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. バッシングする奴らは自分が中央だと思い込んでる左寄りなので違う意見は全て相対的に右寄りに見える
    自己中心的な考えが極まってる

     
  2. 俺も 凄く気になっていた

    保守vsリベラル
    という構図は
    ニュースでもよくある

    それに リベラル自体は
    英単語として 自民党にも入っているから
    保守の自民党が
    これと 闘うって どういう意味?ってなった

    左翼=リベラル
    承知しました

     
  3. なるほど。これだけ見ると日本でリベラルを標榜する人や団体の中には偽者も多いのかもしれないね
    ところで、netgeekの反安倍勢力に対する攻撃も徹底しているけど、netgeekはリベラルを名乗っているわけではないから構わないんだね

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!