netgeek

1

八代英輝「ひるおびは僕が発言するとCMにいく…(困惑)」

腹BLACK 2017年10月27日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

弁護士の八代英輝氏がひるおび(TBS)の中でスタッフの番組づくりについて不満を漏らす場面がみられた。

「僕が発言するとCMにいく」

八代英輝「さっきから(柚木道義議員は)『(小池百合子の)排除発言がなければ政権奪取までいけたんじゃないか』みたいな話になってますけど、排除発言は一つの引き金にしかすぎないと思うんですね」

スタジオ「うん」「私もそう思います」

八代英輝「やっぱり柚木さんは色々言われますけど、やはり有権者からすると主義主張を変えて民進党の人たちがどどっとなだれ込んだとしか思えないんですよね。で、『仲間が倒れた』とか『血しぶきを上げた』とか言ってますけど、排除された時点で排除された側(立憲民主党)に(柚木さんも)行けばいいじゃないですか?希望の党じゃなくて。それはやっぱり希望の党に残ってるほうが選挙を戦いやすいから残ったんだろうし、負けた後にそんなこと(小池百合子の責任問題)を言うのはフェアじゃないと思う」

(CMの音楽が流れる)

恵俊彰「あ、一旦コマーシャルですけど…」

八代英輝「はい…(笑)僕が発言するとCMに…(笑)」

室井佑月「八代さ~ん!(注意しているような口調)」

以前から偏向報道が指摘されていたひるおびはBPO対策のアリバイづくりのためだけに八代英輝氏をコメンテーターに採用しているのかもしれない。少しは保守的な反対意見を言ってほしいが、周囲を論破したり視聴者の考えを覆したりするところまでは言ってほしくない。スタッフがそのような考えに基づき、流れをリセットするためにCMを差し込むのだとすれば大問題だ。

八代英輝氏が漏らしたように、不自然にCMが差し込まれるのはこれが初めてではなく、度重なる事態だった。

室井佑月が「八代さ~ん!」と咎めるように言っているのは「余計なこと言うなよ。そうやって言い過ぎるからだよ」と叱っているかのようだ。番組制作陣が欲しいのはあくまで都合よく使える操り人形。八代弁護士が一線を越えたら別の人に交代させられる可能性が高い。

あわせて読みたい→八代英輝「希望の党は偽物のインチキ保守。小池百合子に頼って当選したいだけのお調子者集団」

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 意見を尊重しない番組だということは分かった

    そのスポンサーも 同じような内容では?
    類は友を呼ぶって言葉もありますし

    お客さんの意見は受け流す そんな企業がこの番組のスポンサーです


    はっきり言ってやりましょう
    人の意見を大事にする企業は
    こんな番組のスポンサーなんかしない‼ って

    裏を返せば
    人の意見を大事にしない企業が
    この番組のスポンサーをやっている(これ同上)

    賄賂 癒着 忖度 付き合い 関係無いです
    親しくても 礼儀はあるべき

    テレビ内容に賛同するかたち で報じられるんだから
    テレビ報道が悪質なら そのスポンサーも悪質という見方になる

    スポンサーには不買運動より 風評被害の方が
    有効かもしれない

    悪いけれど 万引きでも 見過ごせば
    黙認という内容で 共犯扱いになる

    報道内容を黙認しているからスポンサーになっているんでしょう?
    その風評被害は必然で かつ自然的な流れです

    それが否定されたら
    犯罪黙認は 違反ではない と言うのと同じです

    こっちは ヒルオビなんか 見てもないけど
    そういう番組一つぐらい無くなったって
    大丈夫だろう
    共産主義的に言えば お前の代わりなんかいくらでもいる

    ドラマの再放送なんかやっていれば 隙間埋められるだろう?
    水戸黄門流せ その方がテレビ世代喜ぶと思う

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!