netgeek

4

八代英輝「希望の党は偽物のインチキ保守。小池百合子に頼って当選したいだけのお調子者集団」

腹BLACK 2017年10月25日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ニューヨーク州弁護士の八代英輝が小池百合子率いる希望の党を真っ向からディスった。ひるおびで唯一の良心と言われる八代英輝の勇気ある発言に拍手を贈りたい。

希望の党の実態はお調子者集団!

八代英輝「希望の党が保守系野党だと言うと聞こえは良いんですけれど、実態は小池さんの風頼りに当選したいと思ってるお調子者集団じゃないですか。そういう人達を保守と言うのかっていうのが僕は引っかかるところ。」

恵俊彰「その保守ってところで言ったら枝野さんだって『僕は保守ですよ』って言ってる(笑)」

八代英輝「枝野さんは左だと思うんですけど僕は」

恵俊彰「まあね」

八代英輝「はい」

恵俊彰「人が決めるのか自分が決めるのか(笑)」

八代英輝「日本ってそこが難しいんですよね。リベラルに左の要素が入ってきちゃう。独特な政治文化なんでしょうけど…。ですから希望の党はどうにかしないといけないんじゃないですか?」

希望の党については安保法制に反対していた元民進党議員たちが続々と「実は反対派ではなかった。党の方針に従っていただけ」と手の平を返す発言を行い、急に保守アピールを始めた。「排除します」と宣言した小池百合子の思想に合わせるかのように保守派に擦り寄ってきたのだ。

八代英輝が「お調子者集団」と表現したのは議員たちのそんな浅はかな側面を目の当たりにしたからに違いない。事実、多くの国民が驚かされた。

なお、立憲民主党の枝野幸男についてはネット上では「極左」という批判も飛び交う。

もともとは自衛隊の存在を違憲と判断したうえで、安保法制に反対していた。

しかし枝野幸男は最近では「安保法制が違憲だなんて言ったことはない」と主張し始め、立憲民主党として急速に意見を変え始めているようにも思える。どこからどこまでが保守で何がリベラルなのかよく分からなくなってくるが、少なくとも希望の党と立憲民主党がインチキ保守であることは間違いない。

小池百合子は早くも代表の座を引きずり降ろされそうになっており、元民進党議員たちが希望の党を乗っ取ろうとしている。

そして小池百合子は謀反を起こそうとする部下たちの機嫌を取るべく自らの非を認めて謝罪するばかりで、とてもではないがリーダーシップを発揮できる状態ではない。

こんなブレブレな政党は信用できない。都知事に当選し写真集まで出したお調子者がさらに別のお調子者集団を引き入れて崩壊へ。こうなるのは目に見えていた。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. 地方議員の団体作って有名になったところで国政に出てフルボッコってなんか見たことあるんだよなぁ

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!