netgeek

7

小泉進次郎「新聞の卑怯な軽減税率、テレビは忖度して報道しないよね?」村尾キャスター「…議論しましょう(苦笑い)」

腹BLACK 2017年10月23日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

小泉進次郎氏がテレビ番組に出演した際に、新聞の軽減税率のおかしさについて指摘し、さらにテレビ局の報道も偏向していると批判した。

真顔VS苦笑い

小泉進次郎「消費税増税をしろしろと言ってる新聞は消費増税を負担しないんですよ。おかしくないですか?だけど、これはテレビも新聞もほとんど流してくれませんよ。私は、消費増税をやれと言っているんだったら自分たちも消費増税を受け入れるべきだと思います」

村尾キャスター「消費増税についてはね…あの~、これからあの~真剣にメディアも含めて議論していきたいんですよね」

小泉進次郎「是非村尾さん。この問題はテレビもなかなか色々なところに忖度があるのか、あまり報じてくれないんですけど」

(村尾キャスターが苦笑いし始める)

小泉進次郎「是非ですね、なんで食品以外は新聞だけなのか。是非期待していますから」

村尾キャスター「…議論しましょう(苦笑)」

新聞が既得権益をむさぼっていることは以前から小泉進次郎氏が指摘してきた。

画像引用元:弥生株式会社「軽減税率対策ガイド」

参考:小泉進次郎「新聞は消費増税しろと言うのに自分たちは軽減税率で8%!筋が通らない!拡散希望」

生活必需品である食品はともかく、今や存在価値がなくなったと言っても過言ではない新聞がなぜか軽減税率の対象になっている。若い人たちはスマホでニュースを見るようになって新聞なんてもう購読しないのにこれはおかしい。

盛大にバッシングされるべき不公平な既得権益なのに、2大マスメディアは自らの首を締めることはできないと黙認する。海外のメディアと違って日本のマスコミはテレビ局と新聞の運営会社が同じ母体であることが多いのだ。

その場での回答を避け、「議論しましょう」と逃げた村尾キャスター。

全く笑うところではないのに、つくり笑顔でごまかす素振りは非常にかっこ悪かった。新聞の軽減税率問題はテレビ局にとってもアキレス腱らしい。加計学園問題では「総理の友人が不公平に贔屓された」と目くじらを立ててバッシングしていたテレビ局、自分たちが贔屓される分にはいいらしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. 進次郎の勇気ある指摘、この発言を断固支持。

    どの新聞も消費税率アップを主張しているのにその一方で、
    「自分たち新聞の購読料には特例で消費税率を上げないでね(•ө•)♡!」という「売れなくなるので例外にしてネ」という政権すり寄り。

    バーカ、クソ新聞どもめ。

    朝日も読売も産経も毎日もすべてこの態度で完全に腐ってる。
    何度でも言う、日本の新聞はすべて腐ってる。

     
  2. メディアは小泉進次郎人気を取り上げるが、TVインタビューでのこういった回答姿勢を含めて取り上げて欲しい。
    将来に期待する議員の一人。

     
  3. 自分たちも国会議員削減とか定数是正いつまでたってもやらねーじゃん、何言ってんの?
    危篤利権にしがみ付いてるって言ったら差の最たるものは国会議員だろうに、特に親の七光りの自民党議員はその典型だろ

     
  4. 新聞要らないかも(汗 2017年10月25日 at 11:25 PM

    客観的なデータとして、新聞要らないとか、読まないと言っている者の平均年収は高くない。
    軽減税率も長期読者には関係ない。2%上がろうがどうでもいい。増税OK。
    ただ、電子媒体か紙媒体の選択、その分かれ目は税率が関係するかな。電子媒体の購読料の設定が(新聞離れに歯止めはかからずとも)ポイントだと思う。料金下げて、税率10%がいいけど。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!