netgeek

4

安倍総理「阪神タイガースが負けたときに名前を変えますか?」←この例えうまい!

腹BLACK 2017年10月18日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

民進党議員が小池百合子代表の希望の党に移籍し、事実上の鞍替えを行った件について安倍総理が上手な例え話でそのおかしさを指摘した。

阪神タイガースは負けても名前を変えない。

安倍総理「今起こっている現象は当選するために党の名前を変えるということ。これは何かおかしいでしょ?例えば阪神タイガースが負けたとき、名前を変えようなんて考えますか?なぜ負けたんだということを考えますよ」

言っていることは極めて正論。民進党議員たちはただネームロンダリング(名前洗浄)を行っただけで、敗因の分析と改善が全くできていない。ブランド力が毀損したからといってまた別ブランドを立ち上げてやり直そうとしても、中身の商品は同じなのだからもちろん買い手はしらけた目で見ている。

国民が望んでいるのは誰かの足を引っ張ることではなく良い政策だ。それにもかかわらず多くの政党が勘違いしたままいまだに森友・加計学園問題をごね続けている。

民進党があれだけ支持率を落としたのになぜそこまでモリカケ問題にこだわるのか。希望の党の小池百合子代表までモリカケに言及しているのはもはや失望でしかなく、これでは失望の党ではないか。

かつては自民党も民主党に大敗した際に政党名を変える案が浮上したが、そのときは安倍総理が猛烈に反対した。政党名はそのままで問題の改善に努めることが本質だと主張したのだ。

民主党が民進党になり、立憲民主党と希望の党に分裂する一方、信念を貫いて戦い続ける自民党は応援したくなる。その心理はまさしくタイガースファンが持っているものと同じであろう。

おまけ。

一般聴衆の中でただ一人だけが「アベ政治を許さない」というプラカードを持っている光景。これは今の日本の縮図だ。

出典:https://twitter.com/neko_neko628614/status/919894749502255106

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. 大洋ホエールズは横浜DeNAベイスターズになったねぇ…
    そして、クライマックスシリーズを勝ち上がってるねぇ…

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!