netgeek

1

小池百合子が若狭勝に「もうTVに出るな!!」と激怒。早くも内輪もめへ

腹BLACK 2017年10月4日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

信念が違う者が集まってもやはりうまくいかない。希望の党は早くも内部分裂を起こし空中分解しようとしている。

若狭勝が勝手なことを言って小池百合子ブチ切れ。

2人の間に起きた問題はこうだ。若狭勝が「次の次に確実に政権交代ができるなら小池百合子が選挙に出なくて構わない」と強気な発言をした。国政進出が噂される小池百合子がいなくても希望の党はやっていけるという意味での発言だったのだろう。しかし、これに怒ったのが小池百合子。選挙に出ないことを既成事実のような雰囲気にされてしまったとして、猛烈に抗議する。

小池百合子「基本的に私以外の発言は取り合わないでほしい。若狭はもうテレビに出るな」

政治家に対してもうテレビに出るなというのはかなり強い要求だ。すでにネット上では若狭勝が組織から追い出されるのではないかという噂すら立っている。事実、若狭勝はこれよりも前に問題発言を繰り返し、国民の信頼をどんどん失いつつあった。小池百合子がブチ切れるのも無理はないだろう。

さて、若狭勝とは一体どのような人物なのか。

同期だったという郷原信郎氏(弁護士、元検察)は若狭勝をボロクソに言っている。

事前に書いたストーリー通りに調書をとっていたというのは検察にとって最も侮辱的な指摘であろう。こちらのツイートは1万3千もリツイートされ、大変な反響を呼んでいる。

元同期にも上司にも嫌われている若狭勝。ひどく協調性がなく、オタク気質なのではないだろうか。どこの組織に属してもうまくいかないように思う。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. そもそも 人間関係ってそういうもの

    友好関係で築いているなら
    内で揉める事はない
    あっても どこかで必ず修復される

    それが お金と利害による関係だから
    要は 取引相手
    都合に合わなくなればいつでも切り捨てられる

    そんな関係だから 内で揉める

    Wikipediaでマルクスの生涯調べて勉強しろ
    って本気で思う
    まだ勉強してないのか この人たちは

    だから同じ過ちを繰り返す

    地下で共産主義活動が警察にバレた時
    友人に何を言ったか
    利害で本物の友好関係が築けるなら

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!