netgeek

1

小池百合子、ツーショット写真代3万円を候補者から徴収←アイドルかよ

腹BLACK 2017年10月2日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

希望の党で勢力拡大を目指す小池百合子(65)が公認候補者から写真撮影代を徴収していたことが分かった。

ツーショット写真を撮るのは3万円。AKB商法を真似したのか。

「希望の党の小池代表は昨日、公認候補予定者との写真撮影に応じた。選挙用ポスターやチラシに使用できるが、撮影料として3万円を徴収した。党のトップと候補予定者の撮影を有料とするのは異例だ。撮影現場では現金を手にした候補予定者が列をなしたが、中には現金を忘れて慌てて近くのATMに走る人もいた。希望の党は立候補に必要な供託金など計600万円以上の負担も候補者に求めている」

もはや宗教の教祖を彷彿とさせるやり口だ。小池百合子はとにかくお金が欲しいのだろう。

民進党議員らはここぞとばかりに痛いところを突かれて忸怩たる思いだろう。民進党にとどまっていては選挙で当選できないが、かといって希望の党に入れてもらうとカツアゲされる。合計で600万円以上も必要になるのだから大変な出費だ。

田崎史郎「党首とツーショット写真を撮るのに3万円をよこせっていうのはこれまでなかった。普通はそこまでお金をとることはない。まぁ、(お金の状況が)厳しいかひどいっていう感じですね」

民進党議員を受け入れる小池百合子の狙いはお金だと言われてきた。人気はあるがお金がない希望の党と、人気はないがお金はある民進党が合併すればうまくいくという目論見なのだ。もっとも小池百合子がこんな強引なやり方を続けるようでは求心力は望めないが…。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!