netgeek

3

民進党の玉木雄一郎「民進党は解党すべき。小池百合子の党に入れてもらいたい」←ええええええ!?

腹BLACK 2017年9月30日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

玉木雄一郎議員がとんでもないことを言い始めた。これまで散々民進党の議員としてやってきたのに小池百合子の希望の党ができた途端に鞍替えしようとしているのだ。

玉木雄一郎「民進党はもう解党して。小池百合子の希望の党に入りたいんです!」

よりによってこれまで民進党の看板を背負って安倍総理を全力でバッシングしていた玉木雄一郎議員がこんな掌返しを見せるとは。党に愛着や帰属意識はないのだろうか。これまで応援してくれた支持者をあっさりと裏切って選挙で勝てる党を選ぶとはとんでもないコウモリ野郎だ。

小池百合子とは政治信念が全く違うのに、それを捻じ曲げてまで当選しようとする。なんという自分ファーストか。

要するに民進党のブランドイメージは今や底辺なのでリセットして新たにやり直したいということなのだろう。玉木雄一郎議員はメディアの取材に対し、希望の党を堂々とヨイショして語る。

しかしながら懸念点となるのは小池百合子が民進党議員全員を受け入れるつもりはなく、選抜するということ。現時点での条件は保守派であることが挙げられており、民進党議員は政治信念を変えることが求められている。

ここで玉木雄一郎議員の政治信念について確認しておきたい。安保法案に猛反対していたときの証拠写真を見れば小池百合子とは相容れないことが明白だろう。

ただ、民進党議員たちはここにきて突然、安保法制賛成派に転向し始めており、玉木雄一郎議員も同様であると推察される。こんな輩は全く信用できない。どうせ希望の党に移籍しても局面が悪くなるとまた「希望の党は解党すべき」と言い始めるに決まっている。

そもそも民進党の支持率が急落したのは玉木雄一郎議員の活躍によるところが大きい。森友、加計学園問題では安倍総理にいちゃもんをつけまくった挙句、結局、日本獣医師連盟との不適切な関係が浮かび上がってブーメランを食らうことになった。

所属している政党を解党すべきなんて言うものではない。これまで応援してきた人を裏切ることになる。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 共産党か 希望って
    笑えるわ 本当に

    何ですか?このテロップ 商品のオマケ
    レベルやん

    自分から出ようとは思わないこの神経
    もう二度と勝てないぞ この人

     
  2. 金にコロコロ転ぶ奴と全く同じ!過去の発言の上に立って整合性も無い、無茶苦茶な政治家やなく、政治家モドキだな!

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!