netgeek

2

蓮舫げっそり。小池百合子「民進党議員を全員受け入れるつもりはない。選びます」

腹BLACK 2017年9月29日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

かつて意気揚々と民進党の代表を務めた蓮舫がここにきて窮地に立たされている。小池百合子の希望の党に入れてもらえるかどうか分からないのだ。

二重国籍問題のときよりげっそりした蓮舫の顔。これはヤバイ。

目の下にはくまができ、頬は痩せこけている。顔色も悪く、死相が漂っていると言っても過言ではない見た目だ。民進党の実質的解散を目前にして蓮舫は行き場を失いつつある。今さら敵対していた小池百合子に頭を下げるわけにもいかず、詰んだ状態になってしまったのだ。

都知事選の際に小池百合子を倒すべく懸命に戦っていたのは紛れもない蓮舫代表率いる民進党だった。まさか格下に見ていたライバルが自分の上司になるとは…。

小池百合子「民進党議員を全員受け入れるつもりはさらさらありません」

小池百合子「民進党の皆様方から入党希望のリストを頂いております。当方は絞り込みという形でその調整はそれぞれ早急にやっていこうということで合意しました」

―リストはもう渡されたということでしょうか?

小池百合子「はい頂いております。ただこれから私共の政策に合致するのかどうか様々な観点から絞り込みをしたいと思っています。全員を受け入れるというようなことはさらさらありません」

すでに渡されたリストの中に蓮舫の名前は入っているのか、それとも入っていないのか。仮に入っていたとしても小池百合子がひどく蓮舫を嫌っているような気がしないでもない。

組織の瓦解に民進党議員の顔は冴えない。

前原代表はあくまで自分たちの政策はしっかりともったまま希望の党に合流し、小池百合子の指示は受けないと強気だが、実際のところは従うしかないわけで、民進党議員らの苦しい表情に切羽詰った事情が垣間見える。よりによって蓮舫の二重国籍問題を批判し辞任にまで追い込んだ民進党議員らが二重党籍になるとは…。

選抜に落ちた議員たちで「絶望の党」をつくって小池百合子に対抗するというのはどうだろう。一度地獄を見た蓮舫が代表を務め、今度は小池百合子をターゲットにして戦って欲しい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 左の希望は
    日本にはないだろうけど

    中国と北朝鮮になら ある
    そこが 彼らの目指す ユートピアだから

    反日のくせに 日本にいる必要ないと思うんだけど
    代案でも出して
    議論真剣にするなら 話は別で

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!