netgeek

6

「ブサメンにリンゴを拾われてピンチ」 ロハス製薬の容姿差別CMが炎上

腹BLACK 2017年9月26日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ロハス製薬株式会社(東京都渋谷区、萩島宏代表取締役)が展開するALFACE(オルフェス)のCMが容姿差別だと炎上している。

これは本当にひどい。企業がCMでやることではない。

オルフェスでは対比する2つのCMを公開した。

(1)ピンチ編。ブサメンがリンゴを拾って女性が嫌がる内容。

(2)チャンス編。イケメンがリンゴを拾って喜ぶ内容。

動画の内容を解説していきたい。まずはピンチ編から。

▼買い物袋を抱えて歩く女性。リンゴを落としてしまう。

▼拾ってくれたのはちょっとオタクっぽい人。

▼女性は顔をひきつらせる。

▼後ずさり。

▼と、そこに後ろから女性(元KARAのク・ハラ)が歩いてくる。男性の顔を見た瞬間に怖がる。

▼男性はク・ハラにリンゴを渡す。

▼どうやらク・ハラのほうが綺麗だったのでリンゴを渡したようだ。

▼そして「キレイはピンチを招く時もある」という決め台詞。

▼最後にオルフェスのフェイスマスクがPRされる。

「女性が綺麗になりすぎると困ることもある。困るほど綺麗になる」と伝えたいのだろうか。

一方でチャンス編。

▼爽やかイケメンがリンゴを拾う。

▼すごく嬉しそう。

▼後ろから来たク・ハラも男性に見とれる。

▼リンゴを貰ったのはク・ハラ。

▼決め台詞は「チャンスはいつでもやってくる」。

女性に対しても男性に対しても喧嘩を売っているこのCM、こんなものは炎上して当たり前だ。そもそも、リンゴを元の所有者に返さないで他人にあげてしまうのはおかしい。「地面に落ちたものは所有権が放棄される」という外国の感覚なのだろうか?

見た目で人の反応が変わるのは確かだろうが、ここまであからさまではない。普通の日本人の感覚でいえば、リンゴを拾ってもらえればどんな相手であろうとお礼を言うだろう。

世間ではCMの炎上騒動は度々起こるとはいえ、ここまでひどいCMは見たことがない。女性も男性も怒っている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. これが男女逆だったら騒ぐのに、こういう男性蔑視に対してはだんまりだから支持されないんだよ、フェミニストの人たちって。
    フェミニストが目指すのは女尊男卑であって、男女平等ではないことがよくわかる。

    てか、このCMが問題になるだろうと予見できない会社や代理店ってどうなんだ?
    わざと炎上させたのか?

     
  2. 男女逆って男の方も綺麗な女にしかりんごを渡してないじゃん。
    男女関係なく容姿の醜い人間は差別されるってことなのになんで男だけ差別されてることになるのか分からん。
    ちゃんと文章読んだの?

     
  3. 一番の問題はさ本来CMをデカく打つような金のあるまともと思われる企業がこういう企画を平然とやってるって事実なんだよね
    もう一つはその倫理審査を半ば放置するテレビ側の問題
    企業が不適切で倫理感がないのはもういいとしてそれを監視是正しなきゃいけないテレビがごみってのが最大の問題
    みんな気が付いて?

     
  4. 結局のところ公共の電波を使うことができる局をもっと規制しなきゃいけないんだよね
    表現や報道の自由はそのままでいいからダメなものはダメとちゃんとストップをかけれる法的根拠を作らないといけない
    そしてそれを反対してるのが今のマスコミ本当に一度解体しないといけないんだよ

     
  5. 腹ブラックはもっとブサメン、かわいそう、せいぜい顔見えないとこでがんばれよ豚ぶらっく

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!