netgeek

5

【加計学園問題】安倍総理が報道ステーションに乗り込んで反撃開始!!!

腹BLACK 2017年9月26日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

複数の証人による決定的証言で冤罪という線が濃厚になった加計学園問題について、安倍総理がこのタイミングでテレビ番組に出演して反論し始めた。

報道ステーションを皮切りにNEWS23にも出演して暴露しまくる。

ネット上ではすでに有名になった事実関係についてテレビ局や新聞は不自然なまでに無視を貫き、報道しない自由を行使した。だからこそ安倍総理がテレビに出演して改めて事実関係を説明することは大きな意味がある。

安倍総理「前川前事務次官も含めて誰も私から加計学園の獣医学部新設について依頼をされたり指示は受けていないということが明らかになったのだと思います。また、あるいは八田先生とかワーキンググループの座長や民間議員の皆さんは口を揃えて『プロセスに一点の曇りもない』とおっしゃっている。加戸知事も『むしろ歪められていたのは行政だ』と『歪んでいた行政を正したんだ』と証言をされました。そして四国でなぜ獣医学部が必要かということを切々と訴えられたわけでありまして、報道されていない部分も含めて国会審議をずっと全部観ていた方々にはだいぶご理解を頂いているのではないかと思います」

続いてNEWS23でも同じ内容を説明したうえで「テレビ局が報道しなかった」とさらりとディスる。

安倍総理「前川次官も含めて私から指示を受けた者は一人もいないんです。そのことは国会で明らかになった。あとワーキンググループで座長を務めた八田さん、原さんも含めてこの問題のプロセスに関わってきた民間議員の人たちは一点の曇りもないと明確に国会で述べています。それと獣医学部の新設、ずっと閉ざされた扉を開けようと頑張ってきた愛媛県の加戸知事もむしろ歪められた行政が正されたんだと明確に説明され、四国に獣医学部がない問題点について指摘をされました。このように報道されなかった部分も含めて、国会中継をずっと観ていた方々にはだいぶご理解を頂けたのではないかと思います」

星浩「それで…」

安倍総理「ちょっと、ちょっと説明させてください」

星浩「はい」

安倍総理「我々はしっかりと説明をしていきたいし、私は一切働きかけていないと言ってもそれを証明する第三者の議論は極めて重要だと思いますので、どうかそういうところも紹介をして頂きたいと思います」

安倍総理が「報道されなかった」と発言した途端に星浩が無理やり割って入ろうとし始める点に注目。都合の悪い事実を指摘され、話題を変えようとするも失敗し、引きつった顔を見せる2人が滑稽だ。

安倍総理はこの他にも精力的にテレビ番組に出演し、真摯に説明をし続けている。テレビ局としては視聴率が取れるので安倍総理の出演は歓迎するが、真相については語ってほしくないというのが正直なところだろう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. そうだよね。
    いたずらに国の金使ってマスコミも民進党も面白おかしく足引っ張ったんだから、今度はそいつらを吊し上げないとね。
    国の金(国会)使わず電波(TV)で反逆する安倍さんは正しいと思う。

     
  2. この記事を書かれた人の名前がないですがなぜでしょう?後安倍さんは言ってないと言うでしょうね。ニュアンスで、回りが動いていない証拠はあるんでしょうか?あったらお示しください。どっちにしても、情報公開の程度が国民をバカにしています。

     
  3. もう良いです 聞きたくないです感が
    凄いよ この人たち
    あ はい… はい。
    鬱陶しい上司の説教を逃れる人みたい

    橋下知事が乗り込んできたら
    こんなレベルじゃ 済まないだろうね
    安部総理で良かったと思う

    あの人が
    毎日新聞 朝日新聞の記者の取材をどう返したか

    絶対CM行かないと 事故になる
    YouTubeに過去動画あるけど
    今回の 安部総理の反撃が可愛く見えるよ

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!