netgeek

6

トランプ大統領が安倍総理にベタ惚れ状態に。安倍総理の外交手腕ってこんなに凄かったんだ…

腹BLACK 2017年9月23日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

トランプ大統領の就任直後、すぐにアメリカに飛んだ安倍総理は全幅の信頼を得ることに成功したようだ。日米関係が良好で非常に喜ばしい。

トランプ大統領の「シンゾウ愛」が伝わる直近の発言をまとめてみた。

(1)トランプ大統領「日米の同盟関係は非常に盤石だ」。安倍総理はこれに対し「ドナルドにお礼を申し上げたい」と返答。なんと下の名前で呼んでいることを明かした。

(2)トランプ大統領「シンゾウは強い」。トランプ大統領も安倍総理のことを下の名前で呼んでいる。就任前は日本の悪口を言っていたのに、やけに褒めてくれるというのは不思議でありながらも嬉しい。

(3)国連の場ではトランプ大統領は「安倍総理の隣なら昼食会に出席する」と発言。二人が仲良く乾杯する場面が見られた。

(4)オバマ大統領があまり興味を示さなかった拉致問題について、初めて強いリーダーシップを発揮してくれた。北朝鮮が日本に許されないことをしたと説明したうえで、各国に北朝鮮との取引停止を求めた。停止しないと制裁を加えるという厳しい処罰付きだ。

こうした発言を見るに、安倍総理はトランプ大統領と良好な人間関係を築くことに成功したのだろう。日本人が今何を求めているか、何が必要なのかを伝え、実際に行動を起こさせるところまでいった。素晴らしい成果ではないか。

今になってみれば就任直後の風刺は大ハズレだった。

▼安倍総理がトランプ大統領の運転手としてこき使われている風刺画。もともと海外では「きっとこうなる」と予想されていた。

▼安倍総理がトランプ大統領に怒られていると話題になったスクープ写真。しかしよく見ると安倍総理は手をグーにしていることが分かるので、本当は毅然とした態度で交渉していたのだろう。こうした外交姿勢がトランプ大統領に「シンゾウは強い」と認めさせることになったと思われる。

蓋を開けてみればトランプ大統領が安倍総理を操るということは一切なかった。それもそのはずトランプ大統領は政治家になるのが初めてで外交経験がないのだ。対して安倍総理は総理大臣2回目。安倍総理は世界の予想を見事に裏切った。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. 安倍は国民のお金を外国にホイホイ出しちゃうもん。
    そりゃビジネスマンのトランプにしてみりゃ笑顔で接客するよなw

     
  2. はっきりと言えるのは

    共産党と 民主党がやっても
    絶対出来ない

    共産党
    自衛隊解体
    米軍 撤退歓迎

    民主党
    日中優先
    米軍 撤退歓迎

    これこそ 安部総理の実績だと思う

    なぜなら トランプ氏は
    メディアによれば

    日本は日本で守れ
    米軍は撤退させる

    という公約だった
    それが方針を180度変えたんだから
    どれだけ凄い事か 人の気持ちや思いを変えるって
    凄く難しい

    そして 安部総理はそれをやってのけた
    だから 凄いなあ って思う

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!