netgeek

4

東京新聞・望月衣塑子「質問が打ち切られるようになった!おかしい!」←あんたのせいだよ

腹BLACK 2017年9月14日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

東京新聞の望月衣塑子記者が、内閣記者会にて質問の制限が設けられたことに文句を言っている。

自分のせいだと気づいていないようだ。

望月衣塑子記者は質問の場で長々と自分の主張を話し続け、誰も興味のない演説をすることで有名。時間を無駄に奪うことから他社の記者からも嫌われており、早く出入り禁止にすべきだという声があがっていた。その後、内閣記者会は質問数に制限を設けることで対応したようだ。

しかしそれにしても当の問題児である望月記者が文句を言うとは何たることか。他の記者からすれば望月記者のせいで全体が損する仕組みになってしまったのに、望月記者は自分が正しいことをしているという前提で暴走し続ける。当然のことながら周囲からは「てめーのせいだろ」「責任取れよ」「次は出禁だ」などという指摘が飛び交った。

望月記者は数日前にも会見打ち切りに不満を漏らしていた。

記者なのに非常に文章が分かりにくい点に注目。おそらく朝日新聞の記者が質問したところ、幹事のテレビ朝日記者が質問を打ち切って不満に感じたということなのだろう。

※この投稿はなぜか削除済

望月記者はいつも文句を言う傍らで表向きは正しいことを付け加えてジャンヌ・ダルクを気取っているように思える。日本政府を悪と見なしたうえで自分を悪と戦う正義の味方のように捉えているのだ。

しかし、その実体はただの活動家。

東京新聞は大きな不祥事が起きる前に望月記者を引っ込めたほうがいいのではないだろうか。本来、国民から支持されるはずのジャーナリストがここまで嫌われて有名になるのは望ましくない。

今必要なのは権力の監視ではなく望月記者の監視だ。出禁寸前の望月記者はもう表舞台には出さずトイレ掃除でもさせておけばいい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. > 当然のことながら周囲からは「てめーのせいだろ」「責任取れよ」「次は出禁だ」などという指摘が飛び交った

    これのソースを示してください。
    示せないとこの記者と同類だと思うよ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!