netgeek

4

北朝鮮ミサイルについて分かった7つの最新情報

腹BLACK 2017年8月29日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

午前5時58分に発射され、日本上空を通過した北朝鮮ミサイルについて重要な情報が明らかになり始めた。

7つの最新情報まとめ。

1.ミサイルは襟裳岬の東1,180kmに落下した。地図で確認すると以下の通り。6時7分に北海道上空を通過し、6時12分に3つに分離して落下した。発射されてから日本に到達するまで9分しかないことが分かった。この間に少しでも身を守る行動をとらなければならない。

出典:https://twitter.com/wadamasamune/status/902290205188571136

2.この付近は漁船が無数にちらばっており、被害を受ける恐れもあった。

3.今回はJアラートやメディアの放送よりも為替アラートのほうが早かった。北朝鮮がインサイダー取引をしているという噂あり。確かに確実に大儲けできる手段であり、これまでのミサイル発射もビジネスだったという可能性が脳裏をよぎる。

▼ユーロ円。

▼ドル円。

出典:https://twitter.com/mad_AUGC/status/902278760971419649

4.安定のテレビ東京、アニメ「けものフレンズ」を放送し続ける大物っぷりを見せつける。ただし今回はテロップのみ掲載した。

出典:https://twitter.com/earlbox/status/902301541381554176

5.Jアラートを聞いた人の率直な感想。ミサイルが飛んできたらどうしようもないと思うのだが…。

6.核ミサイルが飛んできたらこうなる。ある日突然世界が終わる。

出典:https://twitter.com/tekitouaki/status/902280431571046402

7.日本政府がミサイルを撃ち落とさなかったのは予算の都合だと見られる。迎撃ミサイルは1発5億~20億円と高価なので被害が出ないと予測される場合は撃ち落とさない。しかし逆に言えば、国土が標的になっているミサイルは撃ち落としてくれるので安心か。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. 気になるのは、ミサイルは『3つに分裂』して着弾という情報。
    多弾頭だったって観測もあり、そうなると迎撃はさらに困難になる。
    グァム予告のように3、4発ならまだカバーできるとしても
    これらが多弾頭だった場合は厳しい事になる。

    記事指摘のように迎撃ミサイルは非常に高価だ。
    そこへ来て防衛予算が5兆と相変らずGDP1%縛りにあるけどとても足り無い。

    世界の先進国の一般的な基準は2%だ、でもそれは平時の話
    東アジアにあってならず者に囲まれる現在の日本は『平時』ではない。
    最低でも3%、15兆円以上は確保するべきってのが普通の考え方です。

     
  2. 自分も
    3番目の
    株式での差益関係ではないかと
    前日から友人達と話していた所です
    着弾した知的は
    日本とロシアと国境から離れていて微妙な着弾点をプログラムしてると思いました
    そのうちに事故が起きるのではと懸念してます

     
  3. こっそり迎撃ミサイル使ってみると良かったのになあ。当たれば北や中への無言の抑えになるし、外れたら原因究明して改良できる。ミサイルとはいえ賞味期限もあるだろうしね。10年前に作ったミサイルはちょっと怖くて使えない。

     
  4. 迎撃できるのかが一番の問題。

    本土に当たらないから迎撃しなかった、と言うのはなんだか言い訳くさい。
    不手際があったと見るのが自然だと考える。

    空中で分裂して本土に落ちる可能性も十分あったわけだし。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!