netgeek

4

ケント・ギルバート「日本のメディアは相互監視せずに談合しあっていて異常。まずはテレビ局と新聞社の資本分離を」

腹BLACK 2017年7月31日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

カルフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏がアメリカのメディアと日本のメディアを比べて、日本のメディアは談合状態にあると独自の考察を披露した。

日本のマスメディアは談合している。互いの批判がない。

ケント・ギルバート「CNNがすごい恣意的な放送をしたとしましょう。そしたらFOXニュースが批判するわけですよ。ところがテレビ朝日がどんなに恣意的な放送をしてもNHKもTBSも他の局はそれを批判しない。要は監視し合っていないわけ。談合しているわけですよ。しかもニュースソースは全部共同通信で、どこを見ても一緒。コメンテーターを入れて色をつけようとするけど、そのコメンテーターの顔ぶれがひどいですよ。特にワイドショーはひどいですね。」

居島一平「カルテルみたいなものなんですかね」

ケント・ギルバート「テレビ局と新聞社が資本関係で繋がっているわけだから、まずは分離させないとダメです」

多くの日本人が違和感を覚えていた点をずばりと言ってくれて嬉しい。特に森友学園問題、加計学園問題ではマスメディアの偏向報道に目に余るものがあり、異常な安倍総理バッシングが行われた。加戸前知事が「安倍総理は無実。嘘をついているのは前川喜平」と断言しても、メディアは全然報道しない。

さらに加戸前知事はNHKが結論ありきで希望の答えを言わせるために同じ質問を4回もしたとも暴露した。

参考:【炎上】加戸前知事がNHKの誘導尋問を暴露。4回も同じ質問をして希望の答えを言わせようとする

この事実を知ってNHKをバッシングしたマスメディアがあっただろうか?netgeekでは記事にしたが、大手新聞、テレビでは全く取り上げられない。

ケント・ギルバート氏の提案は資本関係を崩すこと。

日本のマスメディアについて業界を分析してみれば、新聞社とテレビ局という2大マスが同じグループ会社の下で運営されていることが多く、寡占状態にあると言える。日本政府がメディアを正常化したければ独占禁止法の取り締まりを強化すればよいのではないだろうか。

権力を持った組織は必ず腐る。まずは権力を分散させて消費者に他の選択肢を与えることが有効に機能するだろう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. 共同通信社が第一次ソースになってるから、他の報道機関はそれをそのまま掲載するだけ。
    朝日とかはそのソースを左側に脚色して流す悪質な機関。

     
  2. そういえば
    ホリエモンや孫氏がTV局の買収に成功していたら…
    今頃はどうなっていたでしょうね?

    確かに共同通信が元のソースって多々在りますね
    それに
    各省庁に詰めてる番記者や記者クラブ制度
    此を解体でもしないと
    少しも良くなりませんよ

     
  3. メディアや報道機関の本質は昔から変わって無いのでしょうね。

    一般個人が気軽に情報発信できる環境を手に入れた現代では、情報権力を持った者の「嘘や過剰な演出」で若者達を騙せなくなってきてます。
    情報を柔軟に取得出来ない高齢者が多い少子高齢化が最も危惧しなければならないですね。
    政治家も70歳位で定年(議員資格喪失)制度を設けるべき。

    やはり若い世代がもっと積極的に政治に興味を持ってもらい、日本のために行動して頂きたいです。

     
  4. 日本 正義 (ヒモト マサヨシ) 2017年8月3日 at 10:44 AM

    未だに朝日新聞社の社是が「反自民、反安倍」ってことを知らない人が大勢います。
    反自民ってことは、最大支持政党を否定しているってことで、それは最大数の日本人を否定しているってことです。
    それは朝日新聞社が反日破壊工作支援団体って宣言しているに等しいことです。
    毎日新聞も同類です。系列のTV朝日もTBSも。
    こんな反日団体の偏向報道は、信頼するに値しないということを認識し、多くの人に喧伝していくしか手はないのでしょうね。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!