netgeek

3

NHKのまとめ「国家戦略特区で総理の友達が得した。国民は釈然としない」←これ違う!

腹BLACK 2017年7月13日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

加計学園問題の真相を加戸前愛媛県知事が国会で語ったことで安倍総理の無罪が証明され、むしろ日本国民の利益を損ねていたのは利権にまみれた獣医師会と文部科学省だということが分かった。

だがNHKの総括は異常に偏向している。

島田敏男「国家戦略特区という新しい仕組みを作り、真っ先に恩恵を受けたのが総理の友達だったという。この点に国民は釈然としないものを感じています」

島田敏男氏はNHK解説委員副委員長。安倍総理を憎むあまり現実を素直に受け入れられず、「国民は」という表現を使って卑怯な方法で意見をまとめている。釈然としないものを感じているのは島田敏男氏だけではないか。

公共性の高いNHKがこんな偏った報道をしてはいけない。すでに多くの国民が加戸前知事の説明に納得したのだ。

他方でフジテレビの総括は全く違うものになっている。

市川紗椰「今回見てて私が印象的だったのが加戸前愛媛県知事です。もうそれが全てだったのかなという気もしたんですよ。経緯を丁寧に説明して議事録とかと辻褄が合うんですよね。いいのかなって納得しちゃいました」

フジテレビのユアタイムではモーリー・ロバートソンも「敗北するのは自民党ではなくメディアになる可能性がある」と今後の未来を示唆した。前川喜平氏の証言は「安倍総理に不当に圧力をかけられた」と推測の域を出ないものであり、客観的な証拠がない点が問題だった。

前川喜平氏が流出させたと思われる内部文書ではむしろ「~したら総理の指示に見えるのではないか」と、指示ではないことを裏付ける一文が掲載されていた。国民としては他人の行動を憶測で語る前川喜平氏よりも自身の経験で語る加戸前知事のほうを信用するのは当たり前であろう。

振り返ればNHKの偏向っぷりは本当にひどかった。

(1)加戸前知事の重要な証言を1秒も放送しないでスルー。

(2)なぜか安倍総理の説明に納得したかどうかを論点にする。やっていないことはやっていないとしか説明のしようがないわけで、冤罪を証明するのは不可能に近いのだからこの問いでアンケートをとるのは安倍総理に不利すぎる。アンケートをとるなら「前川喜平氏か加戸前知事、どちらを信じる?」がふさわしいだろう。

(3)右上に「加計ありきで来た」と入れて印象操作。左上の「加計学園問題」と併せて見ると、悪いことのように思えてしまう。さらに加戸前知事の発言を切り取っていかにも不正に手を染めていたという雰囲気で紹介する。

この点、ユアタイムでは「前川氏『行政ゆがめた』前知事は『正された』」とテロップをつけ、対立する2つの証言を客観的な立場から報じていた。

NHKの報じ方とは雲泥の差があることは明白。よりによってNHKがこのような偏向報道をしてしまうとは…。ネットで情報収集する習慣がなく、テレビだけ(特にNHKだけ)を見ている人もいるのだから騙そうとするのは止めてほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 加計に決まるのが正しいのなら、なんで内閣府の人達は記憶にない言う?今治市はなぜ官僚名を黒塗りにする?不正行為だからはっきり言えないのでしょ。

     
  2. 多くの人が報道しない自由や偏向報道を問題視するのは、それが洗脳煽動行為になるからです。

    解説委員やNHK局員にも主義主張は各々あるだろうし、誰が何を考え信じようが自由です。
    だけど、NHK は公共放送として万人から受信料を徴収する立場なのです。そのような立場で自分達の思想信条を善として、結果的に判断を誤り公平性を欠いた報道をする事の危険性を、はたしてNHK サイドは理解しているのでしょうか?

    もし自分達の主義主張を訴えたいなら、初めから特定政党機関誌のように広く国民に局の主義主張を公言すべきなのです。それなら視聴者も騙されない。どんなに何を放送しようが自由です。布教活動でも思想の訴えでも何でも好きなようにすればいいと思います。
    問題なのは公共放送の名の元に、自分達の主義主張や主観を万人に向かって流す事なのですから。

    今回の加計問題でNHK をはじめ日本のマスコミの偏りが、国民にハッキリ露呈したと思います。

    最も危惧するのは、そこに日本に敵対する意図を持った他国の意思が入り込んだ時です。公共放送の報道までもが公平性を欠いてしまったら、国自体が極めて危険な状態になるのではありませんか?いったいどのような人達が報道関係にいるのでしょう?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!