netgeek

0

籠池さん、2万円サンドイッチを認めて意味不明な言い訳をする

腹BLACK 2017年6月23日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

森友学園の籠池前理事長が2万円を挟んで100万円に見せかけた紙束を返却しようとしていた件で、籠池氏本人がダミーだったと認めた。

頑なに100万円と言い張っていた籠池氏。

周囲の記者が白い紙に気づいてそのことを指摘しても籠池氏は半ばキレ気味に誤魔化すばかり。こんなとんでもないインチキをする詐欺師に日本中が振り回されたのかと唖然とした。

お笑い芸人なら一流。しかし、これが教育団体の理事長だったというのだから驚きだ。

さて、その後マスコミは籠池氏を直撃し真相を問いただした。

▼記者が「あれって2万円ですよね?」と尋ねると籠池氏は現物を出して白い紙を見せる。そしてあっさりと認めた。

▼なぜか半笑い。

▼偽物の100万円を使った理由については「警察に没収されるのが嫌だったから」と意味不明な説明をする。

▼現場では確かに警察がたくさんいた。しかしヤンキーのカツアゲではないのだから現金を取り上げられることはあるまい。

▼籠池氏は本物の100万円は同行者に持たせていたと別の封筒を見せる。

しかしメディアの質問に対してはダミーの紙束が本物の100万円であると嘘をついたわけで、このような周囲を振り回すような意味不明な行動をとるのはやはり正常とはいえない。

精神年齢や判断能力が小学生以下なのではないか。いや、こう言うと小学生に失礼か…。

籠池氏のその場しのぎの言い訳にはうんざり。

本物の100万円については「かき集めた」と話しており、お金に困った挙句、詐欺に手を染めたようにしか思えない。カメラの前で2万円サンドイッチを見せたらどうなるか、籠池氏は64歳になってそんなことも想像できないのか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!