netgeek

2

【炎上】安倍昭恵・籠池夫人のメール公開で辻元清美のスパイやらせ工作がバレた

腹BLACK 2017年3月24日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

自民党が安倍昭恵夫人と籠池夫人のメールを証拠として公開した件について、メール内容に辻元清美のスパイ工作活動が記述されていることが分かった。メール全文を公開した毎日新聞はなぜか記事を削除した。

簡潔な流れ。

民進党「昭恵夫人と籠池夫人のメールのやりとりを公開しろ!不正があるんだろ!」

自民党「やましいことは何もない。参院予算委員会で公開する。安倍総理も同意した」

民進党「…あ、やっぱり公開しないで!拒否する!」

自民党「ではマスコミに文面を公表します」

毎日新聞が全文を公開

毎日新聞がなぜかすぐに記事を消す

メールには辻元清美の不正が暴露されていた

撮られていたスクリーンショットが拡散される

毎日新聞が公開してからすぐに削除したメール全文のスクリーンショット。

メールには安倍昭恵夫人と籠池夫人の親密なやりとりが記載されている。しかし、自民党が当初から言っていたように何もやましいことはなく、むしろ辻元清美議員が窮地に立たされることになった。

辻元清美議員は森友学園にトロイの木馬として作業員(3日働いただけ)を送り込み、マスコミにインチキな証言をさせていた。要するに国会議員がマスコミを相手取り、国民を騙すためにやらせに手を染めていたというわけだ。

スパイに気づいた安倍昭恵夫人と籠池夫人はこのような偽装工作に互いに警戒したほうがいいと注意しあっていた。民進党が手のひらを返したように急に公開を拒否した理由がよく分かった。

辻元清美議員についてはこれよりも前から黒い疑惑が付きまとっていた。

すでに国民の信頼を失っていることは確か。今回明らかになった一線を越えた偽装工作でさらに信頼を失うことは間違いない。疑惑の総合商社に蓮舫のブーメラン芸がコラボして完全に終了。

鬼の首を取ったと思ったら自分の首だった。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!