netgeek

5

【炎上】民進党の小西ひろゆき議員が日米トップに「品格のない顔」と問題発言

腹BLACK 2017年2月11日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

民進党の小西ひろゆき(洋之)議員がドナルド・トランプ大統領が投稿した画像を引用したうえで、トランプ大統領と安倍総理を「品格のない顔」と侮辱していたことが分かった。

トランプ大統領が投稿したのはこちら。

安倍総理と一緒に笑顔で写る様子は親密な関係が築けているという印象を受ける。ドナルド・トランプ氏が大統領選で当選した際、安倍総理がいち早く会いにいった動きは高く評価された。また、トランプ大統領は安倍総理について「日本の安倍総理だけは最も戦略的で手強い相手」と語っている。

外交において友好的な関係を築きつつ、互いの実力を認めるというのはなかなかできることではない。それだけにトランプ大統領が今回アップしたツーショット写真は日本人としては喜ぶべきものであろう。

しかし、そこに水を差すようにいちゃもんをつけたのが小西ひろゆき議員だった。

もはや内容では攻撃するところがないので、見た目を侮辱しにいっている。中でも注目すべきなのはトランプ大統領も巻き込んで「品格がない」とDisっているところ。日本の政治家がアメリカのトップを見た目で批判することは間違いなく国益を損ねる行為だ。

小西ひろゆき議員は政治家として、そして人間として自らの言行を振り返らなければならないのではないか。

そもそも小西ひろゆき議員に品格があるとはとてもではないが思えない。これまで話題になった振る舞いをまとめてみた。

(1)人の頭の上にダイブする。こんなことをしているのは小西ひろゆき議員だけ。※佐藤正久議員が拳で殴っているように見えるのは、手をゆっくりと差し出してダイブを防いでいるだけ

(2)これが品格のある顔らしい…。

(3)その後、小西ひろゆき議員は騒動のことをドヤ顔で語った。「空手をやっていたから負ける気はしない。痛くも痒くもなかった」と中学生レベルの武勇伝を嬉しそうに語る。

(4)茄子のように顔が歪んでいる。

(5)やはり顔が歪んでいる。

国会でクイズを出すか、人の頭の上にダイブすることでしか注目を集められない小西ひろゆき議員は、日米トップに「品格がない」と言えるほどの人間なのだろうか?他人の足を引っ張ろうとするのではなく、日本のためになる政策を提案してほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (5)

  1. 万が一、天地がひっくり返ってもありえないが万が一、小西が正しいとしてもだ、言葉を選ばないと全て台無しになる。
    参議院議員でありながらそんなことも分からないとは。
    蓮舫さん、個人的には貴女のこと嫌いだけど助言する、彼を黙らせた方がいいと。

     
  2. 小西ってのは本当に感性が狂ってる。
    こんなのが国会議員だなんて日本は不幸だ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!