netgeek

0

MERYが3月に復活か!?DeNAの求人が見つかる(魚拓あり)

腹BLACK 2017年1月25日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

キュレーションメディア業界に大きな影響を与えたDeNAのWELQ騒動。その後、DeNAパレットが全サイト更新停止に追い込まれる中、ひっそりとMERYが再開に向けて動き出しているという情報が飛び込んできた。

求人サイトに掲載されたこの告知を見てほしい(削除済み)

meryrestart

参考:https://www.pasonatech.co.jp/job/search/detail/207146361.html

「DeNAグループ」というのはMERYを運営する株式会社ペロリ(中川綾太郎代表)のことではないか。「【渋谷】若い女性に人気の急成長中キュレーションメディアの開発業務です」という文章も、やはりMERYのことのように思える。

以下、求人から読み取れる重要なポイントまとめ

・Rubyエンジニア募集(1名)

・雇用形態は派遣

・時給2,500円

・勤務地は渋谷

・DeNAグループ

・勤務は2017年1月23日から長期

DeNAグループのキュレーションメディア群はWELQが炎上した際に全滅したはずなので、この求人は更新再開を意味するのだろう。もしかすると騒動の際にエンジニアが抜けたため、補う必要があるのかもしれない。あるいは新たなサービス展開をするためにエンジニアを雇おうとしているとも考えられる。

▼左がペロリ(MERY)の中川綾太郎氏。右がiemoの村田マリ氏。DeNAは2社を50億円で買収していた。

dena-muratamari

DeNAは現在、第三者委員会を設置して問題が起きた原因を調査している段階。すでに求人を出したということは再発防止策が整ったということなのだろう。MERY以外のiemo、JOOY、CAFY、Find Travelなどのサイトの今後についても気になるところ。

なんとなくではあるが、WELQは諦め、すでに軌道に乗り始めていたMERYだけを優先して再開させるような気がする。そもそも全サイト非公開化を決めたときもMERYだけは特別扱いで当初は非公開化されなかった。

また、この求人にあわせて、以下のような怪文書も出回っている。

DeNAはキュレーションメディアのMERYを3月に再開予定だ。

第三者と言う名のヤラセ調査報告書を出して禊を済ませたタイミングの再開を予定してる。  併せて、MERYとDeNAのイメージアップ戦略に大金を投じるようで、ベイスターズの本拠地横浜スタジアムのネーミングライツを購入し、スタジアム名にMERYの文字を入れるという仰天情報が入ってきた。名称は「MERYスタジアム横浜」が有力らしい。

ちなみに、編集方針は変えないようだ。これまで通り外部記事のリライトが基本。  パクリを指摘する声は、ネーミングライツによって激増する「MERY○○○」の文字列の嵐によってノイズ化されるし、イメージアップ効果の恩恵で、パクリ指摘者をクレーマー扱いしてネットから退場させられる効果も期待出来る。

(中略)

このネタが事実かどうかは、あと40日後には分かる

http://anond.hatelabo.jp/20170125084824

あくまでキュレーションとしての基本的なやり方は変えないでイメージアップに務めるということだろうか。もちろん信憑性の薄いリークではあるが、再開に向けて求人が出ていたのは事実だ。

結局、キュレーションメディア統括部長の村田マリ氏は体調不良を理由に会見から逃亡し、それ以降姿を現さないまま。南場会長と守安社長が頭を下げたのに事業責任者が逃げたことで、社内では不信感が募っている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!