netgeek

5

成宮寛貴を小遣い稼ぎで週刊誌に売ったやつはこのエピソードを聞け

腹BLACK 2016年12月13日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

信頼していた友人に裏切られたことにショックを受けて芸能界を引退し、すでに芸能事務所の所属タレント欄から消された成宮寛貴についてもっと広めたい事実がある。

成宮寛貴はただの俳優ではない。母子家庭であったにかかわらず、14歳のときに母親を亡くし、弟を親代わりに育てた。まだ中学生であるにもかかわらずアルバイトをしながら毎日弟にお弁当をつくってあげ、大学の学費まで出した。

珍しくバラエティ番組に出た際に、知られざる弟とのエピソードが披露された。

narimiya-intai

鶴瓶「言うていいか?弟を高校も出し、大学も出し、就職も決めて結婚もしよったんやな」

成宮寛貴「そうなんです。結婚しましたね。でも最初は変な大学に行こうとしていてですね…」

鶴瓶「変な大学ってどういうことやねん(笑)」

成宮寛貴「ちょっと偏差値が低いところに…。入学金も払ったんですけど、弟の性格でここ行くと、ちょっと…なんかこう…幸せになれないんじゃないかと思って、お願いだから1年浪人して東大行ってくれって言ったんです(笑)」

鶴瓶「ビリギャルやんか(笑)」

成宮寛貴「で、弟を説得して、東大は入れなかったんですけど、東京理科大学に入ってくれて」

鶴瓶「え、すごいな」

成宮寛貴「僕自身、中学校の1年生ぐらいしか行ってなくて、そこからすぐ働きに出ちゃったのでやっぱり学歴がどれだけ世間に出るのに大事かというのがすごく身にしみているんですよね」

鶴瓶「そうやな。大事やな…」

成宮寛貴「どうやったら大学を卒業した人たちを超えるお給料を貰ったり、弟を支えていくことができる生活ができるんだろうと考えて、たまたま偶然なんですけど、俳優のオーディションの話を頂いて、受けたのがきっかけです」

鶴瓶「うん。これはもう絶対弟に会いに行かないと思って会いにいった」

成宮寛貴「本当ですか(笑)ははは」

narimiya-intai12

弟からの手紙「母が亡くなったとき、兄は最後ぐらいは我慢しろ。お母さんが心配で休めないぞ。これからは二人で頑張ろうと手を強く握りながら言っていたのを今でも覚えています。二人で生活を始めてから家にも帰れないような忙しさの中でも『人気商売だからここで頑張らないと』と台本を片手に家を出ていく姿は本当にかっこよかったです。当時20歳ぐらいだったにもかからず、兄は私に父のように、母のように厳しく優しく接してくれました。そのおかげで私は進んでこられたのだと思います。兄が当たり前のように自分の青春を犠牲にかえてまで弟の私を育ててくれたことに感謝してもしきれません。本当にありがとうございました」

narimiya

鶴瓶「あかんやろこれ」

成宮寛貴「反則ですね」

鶴瓶「これTBSが書けとか言ってないよ。弟さんがこれを兄に…っていうから。反則やろ。」

成宮寛貴「反則ですよ(涙声)」

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. 何もないのに情報売らないだろう。
    しかも美談で誤魔化せる話でもない。
    この美談も信憑性が疑われてるし。

     
  2. 過去はどうあれ辞めるのは個人の問題だ。辞めてもお金があるからなんとかなるっていう個人の判断に同情はしない

     
  3. 私には今回の疑惑が本当かどうか分かりません。良いものは良いし、悪いものは悪い。に尽きるのではないでしょうか。実に良い話だとは思いますが、悪いことを見ないことにする材料にはならないと考えます。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!