netgeek

3

白鳥の背中ってこんなに格納性高かったのか!これもう空母だ!

腹BLACK 2016年11月20日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

スワンボートはまさしくここから発想を得ているのかもしれない。雛を背中に乗せて泳ぐ白鳥の格納力がすごいと注目集めている。

たくさんの雛が背中に乗っている微笑ましい光景。背中は意外な構造になっていた。

▼すっぽりと包み込むように羽を高くしていることが分かる。こうして雛が落ちないように工夫しているのだ。

hakucho-senaka-1

▼横から見るとなんだかすごい。意外にもしっかりした構造になっている。

hakucho-senaka-2

▼雛はこうして母親に守られてすくすくと成長するのだ。

hakucho-senaka-3

▼寒い季節もこれなら暖かそう。ちなみにお尻の方は尻尾が上向きになっていて雛が落ちにくくなっている。

hakucho-senaka-4

▼おそらく母親は雛が乗っていることを確認して意識的に羽で包み込んでいるのだろう。母の愛は偉大だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▼ちなみにカモはこんな感じ。こちらは羽の位置が低くてオープンカーのような雰囲気。

hakucho-senaka-6

鳥が子供を背中に乗せて移動する様子は空母のよう。白鳥の背中はカンガルーのお腹の袋に匹敵するほどの居心地の良さが実現されていた。フワフワの毛に包まれて水面を移動するのは最高に気持ちが良さそう。

雛が白鳥の背中に乗る様子を動画で見ると可愛くてたまらない。

まだ灰色の雛たちがせっせと背中に乗り込み、ぎゅうぎゅう詰めになっている。白鳥の背中がこんなに格納性がある場所だとは知らなかった。

あわせて読みたい→【激カワ速報】「よく分からないけど周りに合わせておくか」っていうアヒルが見つかった

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (3)

Leave a Reply 匿名 Cancel reply




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!