netgeek

4

蛍光おにぎりの作り方を紹介するぜ!※食べられます

腹BLACK 2016年11月19日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

音楽活動をしているunatraさんがまさかのレシピを開発してしまった。日本人に馴染み深いおにぎりを蛍光緑にしてしまうという発想はまさに奇才。

蛍光おにぎりのレシピはこれだ!

▼用意するのは食用色素、トニックウォーター、ビタミンB2サプリ。そして普通のお米と海苔。できればブラックライトもほしい。

keikouonigiri-1

出処:https://twitter.com/unatra/status/799466441472757760

▼今回はビタミンB2サプリを2粒投下。味が苦くなるので1粒でも可。そして普通のお米を炊く要領で火にかける。

keikouonigiri-2

▼ブラックライト点灯…なんじゃこりゃあああああああああああ!今まさにモンスターが生まれようとしている。マッドサイエンティストになった気分だ。

keikouonigiri-3

▼こうして出来上がったのがこの真緑のおにぎり。まったく食欲が出ない…。ものすごく毒々しい。

keikouonigiri-4

▼電気を消してブラックライトで照らすとやはりぼんやりと光っている。もちろん健康上は何の問題もないが、これを体に入れるのは心配だ。そして体から出て来るときはどうなるのだろう…。

keikouonigiri-5

▼隣の肉じゃがと比較するとその異常性が一目瞭然。我々人間は恐ろしい食べ物を生み出してしまった。

keikouonigiri-6

出来上がった瞬間からカビているようなおにぎり。肝心の味は苦味があって普通のおにぎりのほうが美味しいとのこと。もう少し味付けを工夫して改良を重ねれば見た目はこのままで美味しいものが出来上がるかもしれない。

ちなみにunatraさんは以前、モンスターエナジーで煮玉子をつくった人物だ。

green_egg3

green_egg0

green_egg

参考:モンスターエナジーで煮玉子をつくったらえげつないことになった((( ;゚Д゚)))

独創的な発想は音楽作りと似ているところがあるのだという。今、料理界にイノベーションが起きた。普通の料理を蛍光にするという発想はなんだか他のレシピにも応用が効きそうな気がする。みなさんも是非お試しあれ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (4)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!