netgeek

2

琉球大学の近藤了嗣准教授が「蓮舫は女工作員」と投稿→炎上してアカウント削除で逃亡

腹BLACK 2016年9月21日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

琉球大学工学部の近藤了嗣准教授が政治的な発言をして炎上している。近藤了嗣准教授は、二重国籍問題が明るみに出た蓮舫氏に対して「女工作員」と断定口調で投稿したことで批判が殺到していた。

問題の投稿はこちら。

kondouryoji-4

近藤了嗣准教授は蓮舫氏について「出自を偽った女工作員である」と断言。この発言が一部の人たちから反感を買い、「名誉毀損だ」「ヘイトスピーチにあたる」などという抗議の声を殺到させる結果となった。台湾の国籍が残っており、二重国籍状態であったことはすでに蓮舫氏も認めているものの、工作員であるかどうかは不明。

確かな証拠もないのに大学で教鞭をとる者が公式で使っているアカウントにて誤った情報を投稿するのは問題がある。そのことに気づいて近藤了嗣准教授はアカウントを削除したのだろう。

▼アカウント「@Ryouji_KONDOU」は完全に消え去ってしまった。なお、詳しく調べたところIDを変えただけというわけではなく、本当にアカウントを削除していることが分かった。

kondouryoji-4

こうして投稿は全て消え去ってしまった。まさに証拠隠滅と言おうか。ただnetgeek編集部ではこんな事もあろうかとばっちり証拠を押さえておいたのでいくつか紹介したい。

(1)「日本は台湾のために蓮舫を裁くべきである」

kondouryoji-1

(2)「二重国籍は処罰の対象で然るべき。国籍は日本人でも精神や魂が日本人でない者が公職に就くのは危険」

kondouryoji-2

(3)こちらはFacebookの投稿。トラブルが生じたので公開範囲を友人までに制限したと説明している。

kondouryoji-3

(4)さらにFacebook。「政治や経済も僕らが教鞭をとったほうがマシかもしれない」とコメントしている。

kondouryoji-5

もちろん主張の中には正しいこともあり、ネットユーザーの間では「間違ったことは言っていない!」と支持する声があるのもまた確かだ。それゆえ投稿を削除しないで堂々としていてほしかったのだが、炎上してすぐに逃亡を図ってしまった。

▼琉球大学研究者データベースにある近藤了嗣准教授のプロフィール。

kondouryoji-5

政治的な見解をネット上で主張すると反対意見が多数飛んでくることは決して珍しくはない。近藤了嗣准教授にはしっかりしたメンタルで自身の考えを貫き通してほしかった側面もある。

ホリエモンの炎上を恐れない率直な物言いを見習ってほしい。

本質を突いた結論のみをバシッと言い切っており、実に気持ちがいい。蓮舫氏の国籍問題については未だ賛否両論が分かれており、日本の政治家としての資格があるのかどうかというところから議論され始めている。

近藤了嗣准教授は投稿こそ消したものの、その考えは変わっていないだろう。ちなみに蓮舫氏については「脱法ハーフ」というあだ名が流行り始めている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (2)

  1. 工作員呼ばわりは良くない。
    せめて女李春光ぐらいの呼称にしておくべきだったね。
    李春光事件の事を知らない人は、李春光事件の事を調べるだろうし。

     
  2. >ちなみに蓮舫氏については「脱法ハーフ」というあだ名が流行り始めている。

    流行ってねえよ!バカ!

    お前の中だけのマイブームだろ!

    なんだその締めくくりは、ヘイトスピーチだろ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!