netgeek

6

iPhone7のジェットブラックは指紋ベトベトで後悔する人が続出中

腹BLACK 2016年9月17日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Appleが黒色について2種類のiPhoneをリリースしたのは完璧主義なスティーブ・ジョブズがトップにいれば絶対に許されなかったことだろう。顧客は艶のあるジェットブラックとマットなブラック、どちらを買うべきか悩んでいる。

だが、netgeek編集部ではジェットブラックはオススメしない。ツヤツヤなボディは指紋と傷がつきやすいからだ。

iphone7_simon-7

▼まずはジェットブラックの外観を見てほしい。高級車を彷彿とさせるテカリのある塗装で見ているだけで惚れ惚れとしてしまう。

iphone7_simon-1

▼一方でブラック(マット)。光の反射が少ないのが特徴。

iphone7_simon-3

▼ただ、ジェットブラックはここまで指紋がついてしまう弱点あり。頻繁に拭かないと汚らしい印象になってしまう。

iphone7_simon-6

▼さらに傷もつきやすい。ポケットにカギや小銭と一緒にいれておくとズタズタに。

iphone7_simon-2

▼展示品のジェットブラック。やはり指紋が目立つ。かっこいいボディが台無しだ。

iphone7_simon-9

▼その一方でブラックは安定の見た目。これはこれで洗練された上品さがある。

iphone7_simon-8

もちろんクリアケースをつければその見た目は保護されるのだが、世界にはケースを使わない人も多い。それにしても今回Appleが2種類の黒を発売したのは時代をつくるリーダー企業としては優柔不断な決断に見えた。マットなブラックのみを売り出していたらそれが時代の最先端だと認識されていただろう。

事実、トヨタ・豊田章男社長の愛車レクサスLFAはマットな塗装が施された特別仕様なのだ。時代の先読みがすごい。

lexus_mat-4

lexus_mat-3

lexus_mat-1

lexus_mat-2

言うまでもなく指紋や傷がつきにくいというのは大きなメリットであり、ブランド力のあるメーカーがマット路線に流れれば初期は違和感を覚えていた人たちも次第にそれがカッコイイと思えるようになる。それゆえAppleには今回のiPhone7で光沢感のあるデザインを時代遅れにしてほしかった。

実際にブラックとジェットブラックの見た目の違いについては動画を参照あれ。

一見スタイリッシュなジェットブラックはその反面、時間とともに劣化が激しくなるということを覚悟しておきたい。かつてジョブズは指紋や傷がつくのは味わい深いとしてケースをつけないでiPhoneを使うことを推奨した。もしジョブズが生きていたらブラックとジェットブラック、どちらを選ぶだろうか。

【おまけ】今回の日本のiPhone7には「総務省指定」という文字が入っていてクソダサいと話題に。多くの人がデザインを台無しにした総務省を非難している。

iphone7_simon-4

iphone7_simon-5

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (6)

  1. >多くの人がデザインを台無しにした総務省を非難している。

    これは言い過ぎ。誰も気にしてない。
    捏造に近い蛇足でこの記事に対する信憑性が台無しになりました。

     
  2. iPhone買うような人間は、艶黒が皮脂やら指紋が目立つのもわからん人間がいるんだな。

     
  3. >まずはジェットブラックの外観を見てほしい。

    の次の

    >一方でジェットブラック。

    これはマットブラックだよねw

     
  4. >完璧主義なスティーブ・ジョブズがトップにいれば絶対に許されなかったことだろう。

    ではあなたが一生4s使ってればいいんじゃないんですかと思いますね。

    >今回Appleが2種類の黒を発売したのは時代をつくるリーダー企業としては優柔不断な決断に見えた。

    三流ライターさんにはそう見えましたか。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!