netgeek

0

ケンタッキーを食べまくってキングギドラを生み出した人がSUGEEE!!!!!

腹BLACK 2016年9月11日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ケンタッキーの骨であのキングギドラを再現したという人が登場した。完成に至るまでに相当な苦労があったことが窺える。

偉大な挑戦は素朴な疑問から始まった。果たしてケンタッキーの骨でキングギドラはつくれるのか?

kinggidora_bone-1

▼できてしまった。しかもかなり立派で迫力抜群。躍動感ある動きに仕上がっているところもまた素晴らしい。

kinggidora_bone-1

▼後ろから見たところ。尻尾の骨格、足、首の骨など、ちゃんと骨を選んで作り上げていることが分かる。

kinggidora_bone-2

▼このキングギドラ1体をつくるのに消費したケンタッキーはこれだけの量。普通の人にはできない挑戦だ。

kinggidora_bone-3

▼製作者によると大量のケンタッキーは親戚も入れてみんなで食べたとのこと。

kinggidora_bone-2

映画シンゴジラが絶大な人気を誇る中でこのキングギドラを復元した骨格は多くのゴジラファンを沸かせた。あと数百年した後にこのキングギドラの骨格が発掘され、キングギドラは本当にいたということになったりして…。

▼ちなみにこちらは同じ製作者がケンタッキーの骨でつくったタワー。ケンタッキータワーとでも名付けようか。

kinggidora_bone-5

みんなが捨てていた骨でここまで遊べるのだからまさしくケンタッキーの骨は捨てたものじゃない。ちなみに製作にあたっては肉の部分を綺麗に取り除いて油を洗浄する必要があるので単に組み立てるだけではなく、意外と細かい作業になる。

こちらは、「ケンタッキーが鶏肉を使っているということは組み立てれば鶏が再現できるはず」という仮説の下、つくられた謎の生き物。確実に鶏ではない。

kinggidora_bone-4

今回、キングギドラが忠実に再現されたことから「ケンタッキーはキングギドラを使っている説」が新たに浮上した。そういえばマクドナルドでは一時期、ネズミの肉を使っているのではないかという都市伝説が有名になったことがあった。飲食業界の闇は深いのだ。真実は一部の関係者のみぞ知る。

kinggidora_bone5

さて、現在のケンタッキーでは創業者カーネル・サンダースの指示を引き継いだ者たちが秘密の工場でキングギドラを繁殖させ、せっせと店で売りさばいているのかもしれない。

続き→テレビ局が日給714円で2週間の労働をやらせようとして炎上

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!