netgeek

0

富豪が私財を投げ打ち40年かけて造った「楽園」がすごい

Gil Pender 2016年8月30日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

画家のダリやマグリットのパトロンだったエドワード・ジェームズ氏。富豪であった彼は私財を投げ打ち、没するまで40年以上もかけてメキシコに「楽園」を造ろうとした。ジャングルの奥地にあるその楽園は、不思議な建築物で溢れている。

富豪が40年以上かけて造った楽園は「ラス・ポサス(Las Pozas)」と呼ばれ、メキシコのジャングル奥地にある。

James_rakuen (10)

James_rakuen (3)

James_rakuen (4)

James_rakuen (5)

鬱蒼とした木々の中に現れる建築物は、どこか奇妙な形状をしている。ジェームズ氏は、芸術のシュールレアリスム運動を支援したことでも知られ、建物もその影響から現実離れした奇妙さを有している。

▼ダリの最も有名な作品「Persistance of  Memory(記憶の固執)」。曲線美や不思議なバランス感覚の構図は、ジェームズ氏の楽園の建物に反映されている。

James_rakuen (11)

「ラス・ポサス」の写真をもう少し見ていこう。

▼まるで宮殿のような建物だ。住居だろうか?

James_rakuen (7)

James_rakuen (6)

▼奇妙に見える建築物が、いたるところに存在する。

James_rakuen (1)

James_rakuen (2)

James_rakuen (18)

▼突如現れる手や、螺旋階段はシュールレアリスム絵画を彷彿とさせる。

James_rakuen (8)

James_rakuen (9)

▼全体的に不統一な曲線がちりばめられ、まるで建物が生きているかのような印象を受ける。

James_rakuen (12)

James_rakuen (13)

James_rakuen (17)

▼このあたりはエッシャーのだまし絵を連想するような建物だ。

James_rakuen (15)

▼エッシャー「滝」。有名なだまし絵だ。

James_rakuen (14)

一度は訪れてみたい魅力的な場所だが、メキシコシティからバスで9時間、Xilitla(ヒリトラ)という地域のジャングルの奥深くに位置している。易々と観光に行けないことが、また楽園らしさを演出していると評判だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!