netgeek

7

【朗報】小池百合子の学歴詐称疑惑がついに晴れた!カイロ大学が「コイケユリコなんて知らない」と言った理由が判明!

腹BLACK 2016年8月8日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

若い頃にカイロ・アメリカン大学からカイロ大学に移り、卒業したと公表している小池百合子都知事について、かねてより持ち上がっていた学歴詐称疑惑がついに晴れた。どのような経緯を経たのか紹介したい。

学歴詐称疑惑が広がったのはカイロ出身のタレント「フィフィ」が鋭く指摘したことがきっかけだった。

フィフィは「小池百合子氏が公開したものは卒業証明書ではない」「10月卒業はおかしい」「カイロ大学からの回答では1976年にコイケユリコは卒業していないとのこと」などとアラビア語を読み解き、みんなに解説していた。詳しくは以下の記事を参照あれ。

参考:小池百合子の「カイロ大学卒」という学歴詐称疑惑をフィフィが追及中

特に「あのレベルのアラビア語では卒業できない」というのはフィフィならではの判断。アラビア語に詳しい日本人は少ないので貴重な意見として受け止められた。

▼小池百合子氏がアラビア語を話している動画1

▼動画2

小池百合子氏は自らの詐称疑惑を晴らすべく、卒業証書と卒業証明書を公開していた。

▼卒業証明書には確かに、顔写真入りでハンコも押されている。

koikeyuriko_sashou12

koikeyuriko_sashou11

だが、腑に落ちないのはカイロ大学が回答した「(1)1976年にコイケユリコが卒業した記録はない(2)そもそも当時は文学部社会学科すらない」という公式見解だ。

▼カイロ大学の回答文書。

koikeyuriko_kairo (2)

これは一体どういうことなのだろうか。同じくカイロ大学を卒業したイスラム法学者の中田考氏は、「小池百合子氏の卒業証明書は自分の卒業証明書と見比べても本物だと思う」とコメントしていた。

さて、真実はまた別の人物による調査により明らかにされた。

なんと大学側は「Koike」ではなく「Koyke」と登録しており、さらに学部学科についてはただの翻訳ミスだったと判明。「社会セクション」と問い合わせればよかったと思われる。こうしてミスがあったため、問い合わせに対して大学側が否定したのも納得。

また当初、フィフィの訳では「10月に卒業した」とされていたのは正しくは「10月の試験の結果、学位を与える」という意味だったということが判明。

koikeyuriko_kairo (1)

カイロ大学はすでに、卒業生から東京都知事が誕生したのは喜ばしいことだとして盛大に祝っている。この動きからみても小池百合子氏の学歴詐称疑惑は完全に晴れたといっても過言ではないだろう。

真実が明らかになった今、ネット上ではむしろフィフィのほうが胡散臭い人物なのではないかと指摘する声が優勢になり始めている。

koikeyuriko_sashou (1)

その根拠は、(1)確かにカイロで生まれたが2歳のときに日本に移住している、(2)卒業した中京大学は偏差値40台、(3)アラビア語は日本語と同様、中途半端にしか使えない、といったもの。とりわけ(3)については衝撃的な事実だ。どうしてネイティブでもない人が「小池百合子のアラビア語は大学を卒業できるレベルではない」などと判断できたのか。「10月卒業」と誤読していた部分もあった。

きちんと努力して海外の一流大学を卒業した小池百合子氏には敬意を表したい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (7)

  1. フィフィは名誉男性だからもともと良いイメージなかったわ。
    根拠もなく女性批判のツイートをしまくる。

     
  2. フィフィがむしろ胡散臭いんでなく、こんな記事書いてアフィやってる方が胡散臭いんですけどーーー

     
  3. 三流ゴシップですね。、あきれました。こきおろし、日ごろの小さな憂さ晴らし以外の何物でもない。
    暇なんですか。
    他者に注意を向ける時間と余裕があるなら、こんなところでウジウジ、チマチマ訴えていないで、
    https://www.ted.com/talks
    上記のようなところで、自己表現してはいかがでしょうか。
    せっかくの意見、大変もったいない。
    正当性をもって堂々と主張して、自分の主張に対する世界の意見を拝聴されることをお勧めします。
    精神的に成長できること、社会性のバランス感覚が自然に身につくこと、
    熾烈な競争社会で生き抜くためにはプレゼン力が必要ですが、これも勉強できます。
    TEDに出演して下さい。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!