netgeek

0

女子高生起業家・椎木里佳の「ボロボロな人に牛丼をおごってあげようとした話」が偽善だと炎上

腹BLACK 2016年7月17日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

女子高生起業家として有名になり、今は慶應大学文学部に通う椎木里佳社長(株式会社AMF)が何気ない出来事を投稿したところ、批判が殺到し炎上する騒ぎとなった。

炎上したのはこちらの2つの投稿。

目の前で困っている人に対して手を差し伸べようとするも、様々な葛藤が頭のなかを駆け巡り、行動に踏みきれなかったというもの。「ダサい感情」と現代的かつ文学的な表現をしたうえで次回は声をかけると決意を表明している。

内容自体はいい話なので決してバッシングされるものではないはずだ。しかし、今や多数のアンチを抱える椎木里佳社長のもとには「偽善だ!」という反発の声が殺到することとなった。

siikirika_kifu (2)

・ただのいい人アピール

・人を見下している

・作り話でしょ

・超上から目線で嫌なやつ

・お前が稼いだ金じゃなくて親の金だろ

・寄付は自分の金でやれ

・ただの自己満足じゃん

・本当にそう思ったとしてもわざわざTwitterに投稿するのがいやらしい

・私も港区の大きな家に生まれて親の金で慶應幼稚舎から大学まで行って親の金で会社つくって貧乏人に金を渡して社会貢献したいと思いました

※椎木里佳社長の父親は株式会社ディー・エル・イー(東証一部上場)の椎木隆太社長。

▼さらに「ボロボロな服を着て待っているので早く来てください」という人も絡んできてしっちゃかめっちゃかに。

siikirika_kifu (4)

siikirika_kifu (5)

siikirika_kifu (3)

画像出所:アノマロくん@宅浪@takamarukyokaさん

不思議なことに椎木里佳社長の決意に対してその心構えを褒めるコメントは全くといっていいほど見つけることができなかった。アンチはそれほどまでに多いのか。

▼ちなみにひとつ前の投稿はカフェにいた男性を「おっさん」とdisるものだった。

これには「里佳ちゃん、せめて『おじさん』にして」という返信が…。こちらもまた900以上もリツイートされており、騒ぎになっていた。

その後、椎木里佳社長は炎上を受けて、次のようなコメントを発表した。

きっちりと正当なことを言っているが、これにも負けじと言い返すのがアンチの面々。「大学は内部進学でぬるま湯だろ」「親の金で経営ごっこしてそれが熱湯?失敗しても助けてもらえるじゃん」「会社の事業実態がないのに何がチャレンジなのか」「勝ち組の意見でしかない」などというコメントが集まっている。

内容の是非はさておき、椎木里佳社長はホリエモンに似ている気がする。

siikirika_kifu (1)

ライブドア時代、そして現在の堀江貴文氏は自分が思ったことをはっきりと言ってのけ、その正直な生き方が多くのファンをつくるとともに強烈なアンチをも生み出した。批判をもろともせずにただ前進する椎木里佳社長はどことなくホリエモンと重なって見えるところがある。シイキモン…ちょっと言いにくいか…。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!