netgeek

7

麻生太郎の暴言疑惑「90歳になっていつまで生きてるつもりだよ」の真実

腹BLACK 2016年6月18日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

麻生太郎財務大臣が北海道の会合で高齢者に対して「いつまで生きているつもりだよ」と発言したとされる問題で、各メディアの報道の仕方がおかしい。言葉尻を捕らえて麻生叩きに繋げるやり方は健全なメディアのあり方なのかと疑ってしまう。

各メディアは今、いっせいに麻生財務大臣の発言を問題視し、煽りタイトルで記事を書いている。

朝日新聞:麻生氏「90歳で老後心配、いつまで生きてるつもりだ」

毎日新聞:麻生氏 いつまで生きるつもりだ…高齢者について講演会で

日本経済新聞:麻生氏「いつまで生きるつもり」 自民集会で 

北海道新聞:「90歳、いつまで生きているつもりか」小樽の自民集会で麻生氏

沖縄タイムス:「いつまで生きるつもり」 麻生氏発言、北海道の集会で

スポニチ:麻生氏、高齢者を侮蔑する発言「いつまで生きているつもりだよ」

日刊スポーツ:麻生氏暴言「90歳の人いつまで生きているつもり」

タイトルの表現に注目。奇妙なことに麻生大臣を擁護する記事は一つもなく、とにかく高齢者に対して暴言を吐いたと発言内容の一部をバッシングするものばかり。だが真実は全く異なる。netgeekでは、発言の内容を前後関係も含めてきちんと紹介したい。

ちゃんと前後まで読めば問題はないことは分かる。話は、個人が保有する金融資産を有効に活用したいという財務大臣の視点で語られている。

asou_toshiyori (1)

asou_toshiyori (2)

asou_toshiyori (3)

asou_toshiyori (4)

動画はTBS Newsiで確認できる。会場は笑い声で溢れ、高齢者に対する暴言というよりも毒舌溢れる漫談のような雰囲気。「90歳にもなっていつまで生きているつもりだ」という発言があったことは間違いないが、これはあくまで高齢者の将来に備えた貯金に対する的確なつっこみであり、決して暴言の類いではない。

これを各メディアは作為的に誤解を招くタイトルをつけ、その大きな影響力を使って麻生叩きに繋げようとしたわけだ。麻生大臣の仕事っぷりについては比較的評価が高く、このような低俗な報道で足を引っ張ろうとする行為は許されるべきではない。読者こそが抗議の声をあげるべきであろう。

▼事情をよく知る人の貴重な発言。実はこの後の自虐ネタまでがセット。

asou_toshiyori (1)

asou_toshiyori (2)

▼民進党の蓮舫議員も今回のメディアの報道の仕方に対しては苦言を呈している。

メディアが都合のいいように言葉尻を捉えるといえば、丸山議員の発言が盛大に誤解された事件が思い起こされる。丸山議員はアメリカの歴史的経緯に触れただけなのに、メディアのリンチ報道で差別的な発言と誤解され謝罪にまで追い込まれた。

参考:丸山和也議員の「奴隷の黒人が大統領」発言はマスコミの切り取り編集で捏造されたものと判明。全文読めば全く問題なし。

よく日本は国民のリテラシーが低いからメディアもそれに合わせて程度が低くなると言われることがある。

worldmedia1

しかし、少なからず、その逆因果もあるのではないだろうか。日本はテレビ・新聞・ラジオといったマスメディアがどこも横並びに低俗な寡占状態であり、ビジネス界にしては珍しく卓越した企業が出てこない。これは消費者にとっては不利益を被る好ましくない状態といえる。今からでも麻生発言の真実を記事にし国民に届けようとするところがあれば評価したい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. とある大学生 2016年6月19日 at 10:43 AM

    よく日本は国民のリテラシーが低いからメディアもそれに合わせて程度が低くなると言われることがある。」とありますが、それは逆では。全部メディアのせいにするのはいかがとは思いますが、情報を的確に伝えるのがメディアの役割。ネットのあるこの時代、情報をわかってない、収集しない国民ももちろん悪いですが、マスコミの質の低さの原因を国民のせいにするのは怠慢ではないでしょうか

     
  2. 中核派の常套手段。
    都合いいところを切り取って、見せしめにして、肝心の政策は「平等が経済を発展させる」などと抽象的なことに終始する。

    暇あり金なしの高齢者は、それに誘導されて、今を輝く人たちを敵視する。
    盲目にも程がある。

     
  3. 確かに、麻生氏は気の利いたジョークを言ったつもりなのだと思われ、また、会場の皆様もジョークとして受け止め爆笑しているものと思われますが、主要先進国の現職大臣による公の場での発言としては、ジョークと呼ぶには低俗だと評価されるレベルですね。

    弁士と聴衆両者の政治リテラシーが問われる内容ですが、そんなことは大きなお世話だとも思いますが。

    腹BLACK氏の褒め殺しは街宣右翼並みで、さすがだと思います。

     
  4. 日本語教えてあげるよnetgreek 2016年6月20日 at 6:50 AM

    このnetgreekの記事書いた人、日本語解ってる?
    前後見ても麻生氏の発言問題でしょう。
    他人の生き方に意見する際に毒舌をいうのが売りだとしても、他人の事情も考慮せずに、「いつまで生きるつもりだった」なんて、よく言えるなぁ!
    倫理的に問題だろ。

    自分の恵まれた境遇に全ての人を当てはめて、ほんとうに想像力のない発言だし、これを擁護するこのサイトの記者も大概ひどいな…

     
  5. 麻生大臣を応援してますが、やっちゃった感は有りますね(汗)
    ただこの記事も批判として、読み手として好ましくないかなぁ。見出しに文句つけても仕方ないと思いますが?麻生大臣に関心があるなら肯定派も批判派も興味を引く見出しでしょう。記事の内容も偏ってるとしても、それは受け手の捉え方次第であって、見出しに左右される読者ばかりだとの読者批判?そんな感想を持ちました。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!