netgeek

3

玉の輿を狙うならTwitterをフォローするべき12人の若手イケメン社長

腹BLACK 2016年6月5日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

以前netgeekでは「Twitterでフォローすべきビジネス界の12人の美女」という記事を公開した。今回はその男性版もつくってほしいという要望を受けて、ベンチャービジネスに挑戦する若手社長をまとめてみた。

1.横山佳幸社長

株式会社Nagisa(資本金3億956 万8,400 円)。1983年生まれ、法政大学経営学部出身。スマホアプリで世の中をどんどん良くしていく。あなたが普段使っているアプリはNagisaが開発したものかも!?

2.斎木陽平社長

Edventure株式会社(資本金600万円)。1992年生まれ、慶應義塾大学法学部政治学科、慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻課程出身。AO入試に特化した対策塾「AO義塾」で有名に。安倍首相の親戚という噂。

3.鈴木仁士社長

SatoshiSuzuki

株式会社Wondershake(資本金37,920,000円)。1989年生まれ、国際基督教大学出身、カリフォルニア大学サンディエゴ校に留学経験あり。キュレーションサイト「Locari」を運営中。

4.榊原清一社長

株式会社EMOLVA。東京理科大学大学院理工学研究科機械工学専攻出身。眼帯で目を隠したうえでAKB48のような総選挙を行う「片目惚れ」を運営。元サイバーエージェント。

5.松村淳平社長

株式会社WAVEST(資本金1億3,000万円)。1990年生まれ、早稲田大学出身。サイバーエージェントの出資で子会社の社長に就任。バイラルメディア、YouTuber、ブログ、Instagramのインフルエンサー事務所など色々な事業に挑戦中。藤田晋社長はずいぶんと期待しているらしい。

6.村上太一社長

murakamitaichi

東証一部上場の株式会社リブセンス(資本金2億3,200万円)。1986年生まれ、早稲田大学政治経済学部出身。早稲田のベンチャー向け貸出オフィスで仕事をしていたとき、まだ大学生だった与沢翼が近くにオフィスを構えて夜遅くまで働いていたという逸話を持つ。東証マザーズ最年少上場記録を保有中。書籍「リブセンス〈生きる意味〉」を読むと起業経緯がよく分かる。

7.中川綾太郎社長

nakagawaayatarou

株式会社ペロリ。1988年生まれ、早稲田大学出身。女性向けキュレーションメディアのMERYを創設し、DeNAに売却。現在もMERYの運営に奮闘する。長い髪の毛が個性的で芸術家のような雰囲気。

8.平尾丈社長

東証マザーズ上場の株式会社じげん(資本金5億3,000万円)。1982年生まれ、慶應義塾大学環境情報学部出身。求人サイト、引越し見積もりサイトなどを運営。スタイルがよくてかっこいい。

9.三上洋一郎社長

株式会社GNEX(資本金483万円)。1998年生まれ。中学生で起業しさっさと高校を中退した挑戦者。しかしながら現在は慶應義塾大学総合政策学部に在籍中。先進的なIT系サービスで攻める。まだまだ若い注目の起業家。

10.金山裕樹社長

yukiller

株式会社VASILY(資本金1億円)。1978年生まれ、立命館大学出身。ファッションアプリ「iQON」が高く評価されている。元バンドマンでフジロックフェスティバルに出演した経験あり。

11.小島梨揮社長

kojima_riki

株式会社ウィルゲート(資本金6,000万円)。1986年生まれ、慶應義塾大学経済学部出身。SEO事業を主軸としてウェブコンテンツ関連事業にも裾野を広げている。書籍「ウィルゲート 逆境から生まれたチーム」はストーリーが面白いと好評。優しい笑顔が好印象。

12.小出悠人社長

koideyuto

株式会社U-NOTE(資本金2,900万円)。1991年生まれ、上智大学出身。ビジネス特化型サイト「U-NOTE」を運営。株式会社イグニスからの出資を受けて子会社に。「小出悠人」とGoogleで検索すると関連ワードに「イケメン」と出てくる。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (3)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!