netgeek

115

【熊本地震】TBSにブチ切れたおじさんの姪っ子が降臨して知られざる事情を説明。「マスコミは本当に酷いのでおじさんが怒るのも無理はないんです」

netgeek 2016年4月22日
 

TBSの生放送中に被災者の男性が激怒して中継をやめさせた件で、姪っ子がTwitterに登場し、一体背景で何があったのか、知られざる事情を説明し始めた。

前回の記事:【放送事故】TBS生放送中に被災者がブチ切れて正論を吐きまくる「見世物じゃねーて、どっかいけ!車邪魔!どかせよ!」

身長2mはあろうかという大きな男性が割り込んできて「見世物じゃない!どっかいけ!車どかせ!」と怒鳴りこんできたのは多くの人に衝撃を与えた。

housoujiko_kumamoto (4)

各メディアはこのハプニングに対し、それぞれ異なる視点で記事を書き、TBSが悪い派と生放送中に割り込んできた男性が悪い派に分かれた。男性が主張していることは正論で、あくまでルール違反を犯したTBSが悪いものの、熊本の方言がきつく聞こえたこともあって、ネット上ではこの男性を揶揄する声が飛び交ったのも事実だ。

▼有名サイト「痛いニュース」では「熊本人が怒号」と男性をからかうようなタイトルがつけられていた。

kumamoto_tbs (3)

また、この他にも「あの迫力は普通の人ではない」「かかわっちゃいけない人だ…」「くまもんの中の人ではないか」などとからかう意見が複数書き込まれ、勇気を出して被災者の代表として注意した男性は一躍悪い意味で有名人になってしまったのであった。TBSが取材禁止の場所で生中継していたという事情を知らない人たちは男性が悪いと誤解してしまったのだ。

そこでTwitterに登場したのが姪っ子の女の子。何があったのか事情を説明し始めた。

kumamoto_tbs (6)

▼ツイートに添付されていたメモ。現地のマスコミがいかに酷いかが書かれている。お年寄りも困って苦言を呈すほど。

kumamoto_tbs (1)

▼続き。「いとこのおじさんは優しい人です」

kumamoto_tbs (2)

この投稿は多くの人の共感を呼び、1万2千以上もリツイートされた。避難所でのマスコミの横暴っぷりは度を超えたものがあり、誰がブチ切れてもおかしくない状況にあったという。

その後の姪っ子の周囲との会話。

kumamoto_tbs5

kumamoto_tbs (5)

kumamoto_tbs (4)

kumamoto_tbs (1)

kumamoto_tbs (3)

おじさんはガタイのいい体つきとは正反対に心はデリケートで自分の悪口が一気にネットで広まったのを気にしているようだ。ここでは、改めてこの男性は「被災者を代表してマスコミと戦った英雄」ということを強調しておきたい。

一つの事実として、そもそもTBSが映していた避難所は取材禁止だった。

kumamoto_kinshi

このような張り紙がされることから考えて図々しいマスコミは被災者にとっては邪魔でしかないのだろう。自分の家でくつろいでいるときに次から次へとひっきりなしに報道関係者がやってきて撮影したりインタビューを申し込んできたりすると考えればそのストレスは容易に想像できるはずだ。

また、放送を見た人からは「この話し方はあれだ」「ヤバイ職業の人っぽい」などという意見が出たが、熊本出身の人からすれば普通に注意しているだけだという。

housoujiko_kumamoto (4)

熊本弁は口調が荒いように聞こえてしまうのでよく誤解されることが多い。男性はみんなのために自分が犠牲になることをいとわず、テレビ局のルール違反を一喝してくれたヒーローだ。誤解せず、悪いのはTBSということを是非知ってほしい。

合わせて読みたい→被災者「倒壊しそうな家の前でマスコミが崩れるのを待っている」。現地を食い尽くすハイエナたちの不都合な真実。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (115)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!