netgeek

0

【注意】4月から調剤報酬改訂で、おくすり手帳を忘れると会計が値上がり!

cocodepink 2016年3月29日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

4月から調剤報酬が改訂され、おくすり手帳をもっていないと会計時に10〜40円値上がりすることになった。お薬手帳を持参することで、現在服用中の薬や薬によるアレルギー、副作用を起こしたことはないかなどを短時間で確認することができるため、受診者の安全性の確保や医療の効率化につながる。

2000年から導入がはじまった「おくすり手帳」は持参するのを忘れたり、記録シールをもらっても貼り忘れてしまったりと意外と活用が進んでいなかった。4月からの改訂でおくすり手帳を持参した人に対し会計上のメリットを与えることで普及を促す。

chouzaihoushu_kaitei2

▼災害など緊急事態に備えて、受診日以外でも持参することが推奨されている。

chouzaihoushu_kaitei

▼ちなみに「おくすり手帳」はなんと自作のものでも可!

chouzaihoushu_kaitei3

▼電子版もあるので、いつも持参し忘れてしまうという人は是非こちらもご検討頂きたい。

chouzaihoushu_kaitei5

今まではおくすり手帳を持っていくと管理指導料を加算されてしまい、持っていない人に比べて多く会計を支払わなければならなかった。今回の改訂で「おくすり手帳」を持つことで負担が大きくなるという矛盾が解消された。

医療の効率化だけでなく、副作用をできるだけ出さないようにしたり、緊急時や災害時に自身の薬の服用履歴を確認してもらえるなど、利用する側にもきちんとメリットがある。

chouzaihoushu_kaitei6

これを機にまだおくすり手帳をお持ちでない方は是非ご用意いただきたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!