netgeek

0

映画「スタング」の洗練されたポスターが日本で劣化していく過程が酷い

Gil Pender 2016年3月15日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2015年公開のホラー映画「スタング」のポスターについて、本国アメリカ版と日本版のポスターに違いがありすぎると話題になっている。アメリカ版はセンスあるカッコイイ仕様なのに対し、日本版は安っぽいB級映画臭が漂うデザインになっている。

驚くべき劣化ぶりを早速ご覧頂こう。

▼まずは海外版ポスター。非常にかっこいいデザインだ。

stung_poster6

▼日本の劇場公開時のポスター。雰囲気が全く変わってしまった。なんだこれは…。

stung_poster2

同じ「STUNG」の作品名がついているといえども、一目で同じ作品だと気が付く人はあまりいないはずだ。思わず「どうしてこうなった」と言ってしまうような違いにビックリした人も多いだろう。

さらに、DVD版はもっと酷かった…

stung_movie_03

こちらはDVDのジャケットだ。画像右側の「ぎゃあああああ痛ってえええぇぇぇ」に何とも言えぬ「ダサさ」を感じてしまう。いっそのことセリフはつけないほうがよかったのではないか…。

これら3枚のポスターは男性のTwitterユーザーがアップし大変話題になったもの。

stung_poster1

以前より海外からは映画に限らず「日本はクリエイティブな側面でクオリティがやけに低い」と指摘されることがあった。こうして比較してみればその差は一目瞭然。これを文化や嗜好の違いといって片付けてもいいものだろうか。

もっとも、この映画「スタング」は予告トレーラーを見るとけっこう面白そう。

https://youtu.be/EseXchjh5Wg

ここまで散々にdisってきたが、いざトレーラーを見るとポスターのイメージとは裏腹にけっこうしっかりしたつくりになっておりワクワク感が感じられる。この記事で気になったという方は観に行っても損はないはずだ。

話題のジャケットが使われたDVDはamazonでも2016年6月3日に発売される予定。

stung_movie_06

B級映画臭ただようジャケットが使われたDVDはもうすぐ発売だ。ぜひご自身の目で日本版ポスターのイメージ通りなのか、それとも違うのか確認してほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!