netgeek

0

千と千尋の神隠しに出てきたあの食べ物の正体は「台湾のB級グルメ肉圓(バーワン)」と判明!

cocodepink 2016年3月15日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

映画「千と千尋の神隠し」の冒頭部分で千尋のお父さんが美味しそうに食べていたものの正体は台湾のB級グルメだったということが判明した。現在twitter上で大変話題となっている。

謎の食べ物の正体は、台湾で庶民に愛されている肉圓(バーワン)!日本でも稀に中華料理屋で食べることができる。

bawan_sen (1)

bawan_sen (1)

bawan_sen (2)

bawan_sen (3)

肉圓(バーワン)は、直訳すると肉団子という意味。映画のモデルとなった九份(ジウフン)の名物で、レシピは自由度が高く店ごとに色々な味のバーワンが食べられるのが特徴だ。ゼラチン質の皮は、米粉・片栗粉・サツマイモのでんぷんから作られ、具は、タケノコやフカヒレ、豚肉、椎茸、ウズラの卵などお店ごとに様々。

▼すでに知っている人が多い通り、九份は台湾北部に実在するお店だ。

sento_chihiro5

▼まだタレをかける前。半透明ですこし中身が見え、くらげのような外見をしている。

sento_chihiro4

▼通常は、チリソースやケチャップなどを合わせた甘酸っぱいたれをかけて食べる。B級グルメなはずなのにやけに高級感があり、見るからに美味しそう。

sento_chihiro6

出来上がりは驚くほどぷるぷるしている。絶妙な食感が楽しめそうだ。

https://youtu.be/nXZCfUvDM2c

このバーワンはクックパッドにレシピが公開されているので、作ってみたいという人は是非挑戦してみてほしい。レシピ「台湾肉圓(バーウァン)」はこちら

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!