netgeek

0

堀江貴文「不動産仲介でインチキ手数料取ってる業者はAmazonに淘汰される」←本当にそうなってほしいと話題に

腹BLACK 2016年2月4日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ホリエモンこと堀江貴文氏が不透明な不動産業界について発した一言が画期的なアイデアであり、消費者にとって大変喜ばしいものだと注目を集めている。

事の発端はホリエモンが、宅建の資格所有者は手続きの際にだけ雇うのが合理的だと発言したこと。不動産会社で働く社員みんなが持つ必要はないという考えだ。

業界の慣習を壊す発言であり、このアイデアは少なからず既存の不動産業者の反感をかった。ある不動産会社の経営者は「不動産の仕事をしているにもかかわらず、宅建すらもっていないのは終わっている」と反論する。

そういえば、かつてホリエモンが寿司職人の修行を否定したあのときと全く同じ流れだ。額に汗して長年修行した人は自分自身の努力を否定され激怒した。

参考:ホリエモンが寿司業界の常識をぶった切った!「10年修行なんか意味ねーよ!数ヶ月だけ寿司アカデミーで学んで海外に進出しろ」

▼その後、ホリエモンは集まった反対の声を「資格信仰」とばっさり。宅建なんてもっていても仕事の質には関係ないということか。

▼不動産仲介業は卑怯な手口で金儲けしていると批判した。

▼この毒舌っぷりは気持ちがいい。なりふり構わずここまで攻撃できるのはホリエモンぐらいであろう。

▼そして、ここでこんな体たらくぶりではAmazonに一気にシェアを奪われる恐れがあるという話が出てくる。

確かに不動産仲介についてはすでにネット上である程度は物件を探せるようになっており、もしAmazonが契約手続きまで代行してくれるなら不透明な不動産業に革命が起きそうだ。業務は効率化されて手数料は格段に下がるに違いない。ホリエモンの鋭い発言はTwitterで大きな支持を集め、「その通り!」「これは本当にそうなってほしいところ…」「いいこと言った!」などと絶賛された。

ホリエモンはもともとITの分野で起業したにもかかわらず、知識が多分野に豊富で驚くばかり。

horie_amazon

サイバーエージェントの藤田晋社長は書籍「起業家」にて「堀江さんほど頭のいい人を僕は知りません」と言い切ったほどだ。「本を買う際にはレビューを参考にする」というアイデアから本のみでニッチにビジネスを始めたAmazonは今、動画、電子書籍と取扱商品の幅を広げつつある。不動産を扱うようになるのもそう遠くない未来なのではないだろうか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!