netgeek

0

【速報】小保方晴子が告白本を出版「何者かがES細胞を混入して私はハメられた」

腹BLACK 2016年1月27日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

STAP細胞捏造疑惑で世間を騒がせ、結局その存在を証明することができないまま理研を退職した小保方晴子さんが本を出版することが分かった。

現在amazonで予約受付中になっているのは「あの日」という本。執筆者は「小保方晴子」となっている。

obokata_book

書籍は講談社より発売で、電子書籍として読めるKindle本となっている。長さは紙の本に換算すると258ページで量は少なめ。気になる内容はというと、研究者を志すところからSTAP細胞騒動について小保方さんの視点で綴られた貴重な一冊となっている。

本は現在予約受付中で中身は見られないが、紹介文を見ると、「罠にはめられた」という前提で書かれているようだ。

STAP騒動の真相、生命科学界の内幕、業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記。

1研究者への夢 2ボストンのポプラ並木 3スフェア細胞 4アニ マル カルス 5思いとかけ離れていく研究 6論文著者間の衝突 7想像をはるかに超える反響 8ハシゴは外された 9私の心は正しくなかったのか 10 メディアスクラム 11論文撤回 12仕組まれたES細胞混入ストーリー 13業火etc.

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01B40BMLK/netgeek-22/ref=nosim/

注目すべきは12章の「仕組まれたES細胞混入ストーリー」だ。研究者の間ではその後の調査で小保方晴子さんがSTAP細胞と名付けたものはES細胞であることが明らかになった。12章はその事実を踏まえて、改めて誰がES細胞を混入させたのか犯人を推察するものであろう。

なおnetgeekでは以前、「同じ研究室のA子が手違いからES細胞を混入させてしまい、怒られるのが怖くて黙っていた。そして、その後はほくそ笑みながら勘違いした小保方さんを嘲笑っていた」というストーリーで論を展開していた。これはあながち間違いではない見立てだったのではないだろうか。

参考:小保方晴子を陥れたA子の裏ストーリー~STAP細胞は私のミスから生まれた幻想なんです~

小保方晴子さんは最後までSTAP細胞はあると言い続けてきた。しかし、今回の書籍ではES細胞だったということを認めている。

stap_obokata4

監視カメラを設置したうえでの最後の再現実験が失敗に終わっても小保方晴子さんは「それでもSTAP細胞はある。私の生き別れた息子のような存在なのでいつか必ず見つけてみせる」と主張していた。STAP細胞の実験に何度も成功したという証言も撤回しなかった。にもかかわらず、ここにきて「ハメられた」と言い出したのは何か心当たりがあるからなのだろう。

人は時間が経つと様々な感情が薄れ、客観的に自分をみることができるようになるという。

obokataharuko_ura

出版にあたって小保方さんはまずはじめに世間に迷惑をかけたことを謝罪した。世界中を騒がせた偉業の正体は何だったのか。本の帯には「真実を歪めたのは誰だ?」という文字が大きな文字で載せられている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!