netgeek

6

MADE IN JAPANのモノを見抜く裏ワザ!産地がわからない商品はバーコードのココを見よう!!

lemon 2015年11月13日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Twitterユーザーの「菜(@To_aru_UDK)」さんの情報によれば、バーコードのある部分を見れば商品の産地が瞬時に明らかになるという。驚きの情報をお届けしよう。

皆さんは買い物の際に「どこの国の商品なんだこれは…?」と思った経験が一度はあるはず。中にはパッケージのどこにも産地が書いてないものもあるだろう。

o0620034912845991025

特に食べ物は安くても産地がわからないと敬遠してしまう人も少なくないはず…。この記事は特にそんな人必見のものとなっている。さて、そんな不明瞭な商品はどこで産地を判別すればいいのか。

実はバーコードを見れば一目で分かってしまう!さあ問題です。どこを見ればいいでしょうか?

sanchi_code1

改めて数えてみれば13ケタもあるバーコードの数字。これだけ羅列されていては何が何やら全くわからなくなりそう…。バーコードリーダーがなくても目視で判別できるのか!?

数字に弱いというもご安心を。バーコードで見るべきなのは最初の3ケタだけだ。

sanchi_code1

ここさえ見ることが出来ればあとは簡単。すぐに産地を判別することが可能になる。ちなみに491はMade in Japanの日本製という意味。

この最初の3ケタはEANコードと呼ばれているもので、ここを見ればどこの国から来た商品か確認することができる。世界共通なので、国外でも使える知識だ。

sanchi_code3

▲特にみなさん気になるのが中国産や韓国産の食品だと思われるので、880と690〜695の番号は頭に入れておくといいかもしれない。

sanchi_code2

▲このように冒頭のEANコードさえ覚えておけば、バーコードをパッと見るだけで産地の疑問は解決する。

TPP交渉によって今後様々な国の商品が流入してくることは確か。ちょっと不安に感じている方は、このEANコードをぜひ活用してもらいたい。

0NMfl21

多くの商品の価格が下がる一方で、その分安全面などが危惧されているTPP。自分の身は自分で守らなければならない世の中になりつつある。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. これ間違ってますね!
    EANコードと日本の商品に書いてあるJANコードは
    含まれる情報はほぼ同じ。
    「JANコードは、”商品の供給責任者(ブランドオーナー、発売元、製造元等)”がどこの事業者(企業)か、さらに、該当する事業者(企業)の何の商品かを識別するためのものであり、”原産国”を表示しているものではありません。 」
    だそうですよ!

    http://www.dsri.jp/jan/faq_place.htm ()

     
  2. EANは発売会社の所属国を示すものであって、原産国を示すものではありません。中国産でも日本の会社が発売すれば、日本のEANになります。

     
  3. この情報、間違ってるから。
    EANって、簡単に言うと発売会社コードなんで、日本の会社が中国や韓国で生産して発売しても、49とか45が付いてるよ。EANと原産国は無関係。49や45でも外国産の商品は普通にいっぱい売ってます。

     
  4. 49や45で始まっていれば
    日本製。

    でも、原材料が中国だったりする。
    49や45だから日本製、だから安心、とはなりません。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!