netgeek

0

今月中に人類が成し遂げなければならないことが多すぎる!!技術の進歩よ急げ!!

lemon 2015年10月6日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Twitterユーザーの「シムテック(CV.田中)(@simteck)」さんの投稿によると、映画バックトゥザフューチャー内の世界を再現すべき期間が差し迫っているという。

1985年制作の大ヒット映画「バックトゥザフューチャー」。現在の2015年10月はなんとこの映画で未来世界として登場した時間ということでファンからは映画内の技術の実現を求める声が多く届けられている。

BTTF-Wallpapers-back-to-the-future-19874499-800-600

約30年前の人々は、2015年にどこまで技術が進歩していると考えていたのだろうか?映画内に登場した画期的技術を一つ一つ見ていってみよう。

まずは未来の乗り物の定番「空飛ぶ車」だ。この映画では最大の鍵を握る車デロリアンが、空を飛べるように改造されている。

bttf_image2

現在多くの車メーカーが開発に力を注いでいるものの、今月中にこれを再現するのはほぼ不可能か…。残念…。

お次は「ナイキの自動靴ひもシューズ」だ。これは履くだけで靴ひもが締まってしまうという便利な未来技術だ。

back_tothe_future1

この靴については今年初めに本当にナイキが開発するという声明を出したが、それ以降音沙汰がない。ぜひとも発売してほしいものだ。

そしてこちらは「自動乾燥ジャケット」。水に濡れてもすぐに乾く優れモノで、サイズ調整も自動でしてくれる。

5-back-to-the-future-technologies-that-we-wished-exited-today-06

現実でもすぐに乾く服は販売されているものの、このジャケットのように風が出るわけではない。これもちょっと難しいか。

もっと大変なのはこちら「ジョーズ19」の公開だ。現在4作が制作されているので、あと15作を今月中に制作しなければならない。

back_tothe_future4

数々の映画監督が分担して制作すれば、これは現実になりそうだ。ハリウッドの威信をかけて制作してくれることを祈る。

最後はこちら「空飛ぶスケートボード」だ。なんとこちらは、海外のメーカーやレクサスが開発に成功したと発表している。

Back.To_.The_.Future.Part2_.1989.BluRay.1080p.DTS_.2Audio.x264-CHD.mp4_001120996

img_0129b309789b92cd759ff83d8a70a3ab186813

上が映画内で登場したもので、下が実際に開発されたものだ。これは唯一再現できた技術と言っていいだろう。

参考:【速報】TOYOTAレクサスが宙に浮くスケートボードの開発に成功か!?車も浮いて走る時代へ

技術的には実際に再現できなそうなものが多いので、とりあえずファッションのトレンドだけは押さえておくようにしよう!

1cd12c29-5d76-44ab-b7bb-e947d4d2e90d

今年はポケットを外に出すファッションが流行るらしいので、みなさんも外出する際は忘れずに!

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!