netgeek

0

【衝撃】231cmと160cmのバスケ選手が並んだ写真が合成写真みたいで凄い!!!

lemon 2015年7月3日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

アメリカのプロバスケットボールリーグ「NBA」にて最も身長差があったと言われる2人のツーショットが、まるで合成写真のようだと話題をよんでいる。

それがこちらの画像だ。ええええええええええええっ!?どう見ても合成写真にしか見えなくてSUGEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!

NBA3

▲左の選手はナナフシのような体型で、右の選手は腰あたりまでしか達していない。とても同じスポーツをやっているようには見えない。

NBA5

▲305cmあるバスケのリングに対してもその差は歴然。身長差はこれだけのジャンプ力がないとカバーできないのだ。

この背が大きいほうの方は「マヌート・ボル」という選手だ。231cmという恵まれた体格を生かし、敵のシュートを何度もブロックする驚愕のディフェンスでその名を轟かせた。

NBA4

惜しくも2010年にこの世を去ったが、その類まれなるインパクトは多くのNBAファンの記憶に刻まれている。

そして小さいほうは「マグシー・ボーグス」という選手。平均身長200cm超えのNBAの中でこの160cmの体格はかなりのハンデだと当初思われていたが、優れた運動神経と統率力を発揮し、ファンから絶大な人気を集めた。

NBA2

自分より50cmも背が高い選手のシュートをブロックしてしまうほどの身体能力を持っていたマグシー。現在は高校のバスケコーチをしているようだ。

バスケットボールはこれだけの身長差があっても意外と同じように活躍できるスポーツなのだ。

NBA1

日本人のNBAプレイヤーはまだ2人しか生まれていないが、今後新たに誕生する可能性は十分ある。今後に期待したい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!