netgeek

2

読売新聞「ペヤングに熱湯を注ぐとソースのにおいが立ちこめる」←さすが高年収のマスコミ様。ペヤングの食べ方も知らないのか

腹BLACK 2015年6月10日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

読売新聞がペヤング販売再開を記事にしたところ、信じられないような凡ミスを犯してしまい、読者から総ツッコミが入る事態となった。

6/9、朝10時、ペヤング復活を記念して「全日本ペヤング愛好会」が集まった場の雰囲気を読売新聞はこう記した。

yomiuri

四角い容器に熱湯を注ぐと、店内に食欲をそそるソースのにおいが立ちこめる。同会広報担当の松嶋可奈さん(38)は、「香ばしいソースと歯ごたえのある麺がたまらない。もう待ちきれない!」と興奮を隠せない様子。3分が経過すると、4人は勢いよく麺をすすった。

ラーメンじゃねえよ!きっと読売新聞の記者様はあまりにも高年収すぎてペヤングなんて庶民的なものは食べたことがなかったのだろう。読者からはTwitterやFacebookで「適当に記事を書きすぎ」、「写真も第三者提供のものだし、そもそも取材に行かないで想像で記事書いてるんだろ」と一斉にツッコミが入った。

こちらは大手新聞社の売上、発行部数、平均年収の情報。

sinbunsha_nenshu

読売新聞は年収こそ非公開なものの、売上は朝日に次ぐ2番手で発行部数は1位。朝日、日経の平均年収が1300万円台なのを考えれば同等の水準だと予想される。本当にずいぶんとエリートな年収で羨ましい限り。さぞかし高級で美味しいものを食べているのだろう。

さて、しばらくしてから記事はまさかの非公開へ。問題の部分だけ修正すればよかったのに、よほど恥ずかしかったようだ。記事は跡形もなく消え去ってしまった。

yomiuri2

とは言え、netgeek編集部はこんなこともあろうかとばっちりスクリーンショットを撮って保存していたわけだが。

読売新聞さん、ペヤングのソースを先に入れておいてから湯切りしないで勢い良く麺をすすってほしいです。

yomiuri3

香ばしいソースと歯ごたえのある麺がたまらないんですよね?試食レビュー記事お待ちしております。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 爆笑&あんたも作り方それかよツッコミと香ばしいソースの香りが立ち込めてきました
    啜ります

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!